初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の1年間の栽培作業計画

家庭菜園での8月の作業|種をまいた野菜の苗がどんどん混み合う 時期

投稿日:

真夏日となるこの頃は、種をまいた野菜の苗がどんどん混み合う
時期です。家庭菜園での作業も多くなっていきますが、
熱中症などには十分注意しましょう。

混み合ってきた苗は、数回に分けて間引きを行います。
1度に行なってしまうと残した株の根が傷む原因になりますし、
苗床も乾燥してしまうため、枯れる危険性もあります。

csnn010-s.jpg

夏の作業を行いつつ、秋の家庭菜園に向けて準備もしていきましょう。

■8月から栽培が出来る野菜

種をまく2週間前までに土を用意しておく必要がありますが、
8月下旬になれば、ダイコン・タマネギ・レタス・カブ・ネギ・ハクサイ等
家庭で良く食べられる野菜の種まきが出来ます。

⇒ダイコンの育て方

⇒ハクサイの育て方

鉢やプランター栽培をする場合も2週間前までに
用土の準備をしておきましょう。

7月に種まきの済んでいるキャベツやブロッコリーなどは、
植え付けの出来る時期となります。

CA390584.JPG

スポンサーリンク

8月になると、ポット苗も販売されますので苗から育てる方は
園芸店やホームセンターなどを見てみましょう。

⇒キャベツの育て方

⇒ブロッコリーの育て方

キャベツやブロッコリーはアブラナ科に属しますが、
これらは、害虫がつきやすい作物だとされています。

⇒アブラナ科野菜は虫がつきやすい

防虫ネットを使えば、農薬なしでも育てることが出来ますので
試してみてくださいね。

■既に植えてある夏野菜の栽培管理

8月はとても熱い日が続きますので暑さ対策は必須です。
二重鉢・日除け・敷きワラなどが効果的です。

8月の前半には夏野菜のお手入れが必須です。

ゴーヤ・トマト・ピーマン・キュウリ・ナスなどは、
弱っているもの・混み合っているものなどを剪定し、風通しの良い
ところで育てるようにしていきます。

CA390270.JPG

こうすると、新たな枝を伸ばすことが出来るのです。
更に株を元気にするためにも、追肥・中耕・土寄せを
行なってくださいね。

夏野菜を終了とする場合は、病気や虫が残らないように
ゴミとして全てを廃棄するようにしてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園の1年間の栽培作業計画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園での5月の作業|夏野菜の苗を定植しよう

ゴールデンウィークを過ぎた頃になると、 段々気候も安定して、暖かく感じるようになってきます。 私たち人間と同じように植物も育ちやすい環境が 徐々に整ってきます。 スポンサーリンク 夜は比較的まだ寒いと …

no image

家庭菜園での7月の作業|炎天下での作業はなるべく短時間で

7月は徐々に強い日差しの日も増えてきます。梅雨が明ければ夏本番となり、私たちもクーラーをかけずにはいられなくなる頃です。 野菜たちも同じように急激な暑さや強い日差しに晒され、弱くなってしまいがちな時期 …

no image

家庭菜園での12月の作業|本格的な寒さ対策を

12月になると段々と本格的な寒さが訪れ、霜が降りる日も多々あるかと思います。私たちも重ね着をするように、野菜たちも寒さに参る頃です。 収穫の点で言えば新鮮な緑黄色野菜が少なくなってくる頃です。しかし、 …

no image

家庭菜園での2月の作業|春夏の野菜作りの準備・種まき

家庭菜園で2月に行うべきこと 皆さんは節分を期に暦上春になることご存知でしたか?ちょっと意外ですが、2月3日より暦の上では「春」となるのです。 しかしまだまだ寒い時期ではありますよね。地域によってはま …

家庭菜園 ホウレンソウ

家庭菜園での4月の作業|本格的に野菜作りをはじめよう

4月になると気温も徐々にあがってきていよいよ本格的な家庭菜園シーズンとなってきます。栽培できる野菜もたくさんあります。ただ4月の上旬ですと野菜の種類によっては早すぎるものもありますので注意しましょう。早く植えすぎると強風や遅霜によって生育が悪かったり、枯れてしまうこともあります。

カテゴリー

最近のコメント