ホーム » 野菜の育て方 » ハクサイ(白菜)の寒さ対策|白菜を長く上手に楽しむ方法

スポンサードリンク

ハクサイ(白菜)の寒さ対策|白菜を長く上手に楽しむ方法



家庭菜園の防寒対策は万全でしょうか?

冬越しする葉菜類では 園芸用の不織布をベタ掛けしたり、
弱い霜を防ぐだけなら、寒冷紗をベタ掛けするか、
トンネル掛けすることで防げます。

ハクサイ(白菜)の収穫も順調に進んでいるでしょうか?

大きく育ち、結球したハクサイは、
一気に収穫しても食べきれないですよね
たくさんできた白菜は、 順番に収穫して長く楽しみたいものです。
 
白菜を畑でそのままにしておくと、 霜や寒風があたって、
結球した白菜の頂部の柔らかい葉や外葉がカサカサになり、
やがてそこから腐って食べられなくなってしまいます。

⇒ハクサイの栽培特性
まだ収穫していないものは防寒対策をして、
長い間利用できるようにしましょう。

簡単な白菜の防寒対策は、霜が降り始めてきたころ、
少ししおれかけた白菜の外葉を、
結球した白菜の上に3?4枚かぶせておく方法です。

しおれかけた白菜の葉の方が球になじみやすく、
風で飛ばされにくいので利点ですが、
なければ白菜の新葉でも大丈夫です。

家庭菜園の畑に長く置く場合は、
なるべく多くの白菜の外葉で
球を包むようにして、ひもで縛っておきます。

ハクサイが勢いよく育っていると白菜の葉が折れたりして、
作業しにくいので、多少の霜にあたり、
白菜の葉が柔らかくなってから行うようにします。

べた掛け資材(不織布など)があれば、
それを2?3枚重ねて、 風で飛ばされないように
工夫して白菜に覆っておくのも一つの方法です。

家庭菜園から収穫して貯蔵しておくには、
新聞紙にくるんで、涼しい所に立てておくのが簡単です。

収穫した白菜がたくさんあるなら、根をつけて抜き取り、
竹林や樹林など霜を防げる場所に、
白菜の根元を上にして並べておきます。

腐った白菜の株は早めに発見し、取り除くようにしましょう。


⇒ハクサイはなぜまくのか?

⇒ハクサイの栽培特性
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top