ホーム » 野菜の育て方 » 白菜の育て方 » 娃々菜(わわさい)の育て方|食べきりサイズの超小型ハクサイ

スポンサードリンク

娃々菜(わわさい)の育て方|食べきりサイズの超小型ハクサイ

スーパーなどで売られている一般的なハクサイの重さは4?5キロです。
小型のものでも3キロほどありますので、購入したはいいものの、
持って帰るのに大変!といった経験をされた方も居るのではないでしょうか?


そんな方にお勧めなのは、超小型のハクサイである娃々菜です。
重さは大体300?500グラムとなりますので、ちょっとハクサイを
使いたいときや、鍋物などにもピッタリです。



原産は、中国であり娃々菜という名前も中国語が由来しています。
和洋中さまざまな料理に使われる野菜となりますので、
用途も広く、食卓にも並べやすいですね。


種まきの適期は、春秋用種が3月下旬頃、8月中旬?9月下旬頃です。
夏用種が5月中旬?8月中旬頃となりますので、季節に合わせて、
まきどきを考えてみてください。


娃々菜の収穫は育て始めてから50日?60日となりますので、
非常に長期間収穫を楽しめ、重宝します。


育て方としては、セルトレイを用います。
ポリ鉢を使っても育てることが出来ますので、どちらが良いか、
検討してみてください。


本葉4?5枚ほどになったら、畑に植え付けを行います。
元々が小型のハクサイですので、10株以上密植とするのがお勧めです。


元肥には、完熟堆肥、油粕などを充分に施すようにして、
2回ほど追肥も行なっていきます。


生育の最初の頃にベタ掛け資材を利用すれば、少農薬で育てられるので、
ハクサイと比べても、非常に育てやすいと言えます。
是非、家庭菜園に取り入れてみてくださいね。


スポンサードリンク

関連記事

Return to page top