ホーム » 家庭菜園ブログコラム » 旬の野菜は栄養価が高い?|野菜の栄養素

スポンサードリンク

旬の野菜は栄養価が高い?|野菜の栄養素

野菜というのは、一般的にでんぷん質を多く含みませんので、
私たちが主食とする米からすれば、低カロリーとなり、ダイエットにも良いと言われています。


しかし、例外として豆類・イモ類があります。
これらは、穀物である米のように高カロリーであり、主食として食べる国もありますね。


しかし、野菜の栄養価が低いという意味では決してありません。
低カロリーではあるものの、穀物にはない、ビタミンCや、カロチン、
ビタミンB1や、ビタミンE、食物繊維、カリウムなど、たくさんのミネラルが含まれます。


こういった栄養素は私たちの体に、絶対に必要なものとなりますので、
野菜は良い供給源と言えるでしょう。


最近は、年間を通して、さまざまな野菜が販売されるようになりました。
時期により、価格は違えど、ほとんどの野菜を旬となる時期以外にも、
気軽に食べることが出来るようになっています。


しかし、栄養素の麺ではどうなのでしょうか?
旬である時とそうでない時、比較すると栄養素はやはり落ちてしまうのでしょうか?


カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウムなどのミネラルについては、
年間を通してほぼ、変わらないと言われています。


しかし、ビタミンCやカロチンに関しては、大きな差が出てしまうようです。
例えば、食卓の彩りともなるトマトやニンジンのカロチンの値は、
旬である月と最も適さない月では、半分以下となってしまうんです。


野菜は、本来ある旬である時期に食べるというのが1番栄養価が高いと言えますね。
家庭菜園では、旬である野菜をその都度食べることが出来ますので、
スーパーで購入した野菜よりも、栄養素を取りやすいといえるのではないでしょうか?
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top