ホーム » 野菜の育て方 » 白菜の育て方 » ハクサイの収穫の目安と貯蔵方法

スポンサードリンク

ハクサイの収穫の目安と貯蔵方法

結球ハクサイは、晩秋頃に大きく育ち、収穫期を迎えます。
収穫の目安は、結球したハクサイの頭の方を掌で押さえるようにして、
硬くなっていることが目安となります。


元気に育っていたと思われる結球ハクサイでも、株によっては、
結球の具合にバラつきが生じますので、目安を参考に、
収穫のサインを見逃さないようにします。


結球を終えた株がそのまま残ってしまうと、これからの辛い冬の寒風、
霜などの影響を受けます。


結球した部分の頭周辺の柔らかい葉、外側にある葉が乾燥して、
徐々に球が痩せていくようになってしまいます。
それが進むと、腐ってしまうこともあるので防寒対策は必須です。


未収穫の結球ハクサイは、寒さへの防除を行なっておけば、
長い期間、収穫を楽しむことが出来ます。


1番簡単な防寒方法は、霜の降り始めに、収穫の済んだ株のしおれた葉を、
球の上から被せてあげる方法になります。


適度な柔らかさのあるしおれた葉は、上手に被せることが出来、
また、取れにくいので好都合です。


もう少し、長い期間利用したいという時は、多くの外葉で包み込むようにして、
わらや、ポリ紐などで包んだ葉が取れないように固定します。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top