ホーム » 家庭菜園ブログコラム » 家庭菜園では旬の野菜が毎日食べられるメリット

スポンサードリンク

家庭菜園では旬の野菜が毎日食べられるメリット

家庭菜園の1番のメリットは、その時期の旬の野菜が、
毎日食べられることにあります。旬のものは、1番、美味しく、
栄養も豊富です。ビニールハウスなどは使わず、その時出来る、
野菜を作るからこそ、得られる最大のメリットになります。


月で言えば、4月?12月までは、いろいろな野菜が楽しめます。
むしろ、作りすぎてしまうことが多いので、食卓には、
毎日野菜のメニューが多くなり、健康にも良い食事が心がけられます。


買い物は、あまり付き添いませんが、ほぼ野菜は自給自足、
購入するのはモヤシくらいのものです。その他の野菜は全て、
自分の畑から採れたものを、新鮮なうちに食べています。


自分の好みの野菜を作れるのも、相当なメリットになりますよね。
今は、品種も自由に選べますし、珍しい野菜の種や苗も売っています。
スーパーにさえ、なかなかないようなものも作れてしまうのは、
かなり良い所だと、個人的に思っています。


ただ、9月前後はあまり野菜料理のメインとなる野菜が採れません。
この時期にとれるのは、旬は少しすぎたピーマン、トマトの他、
オクラ、モロヘイヤあたりになりますから、野菜が少し欠けます。


また、1月?3月も同様に野菜の収穫量が減ります。
葉物野菜は割と採れますが、多くは、前年の残りのハクサイ、
ダイコンなどがメインになり、鍋ものとして良く利用します。


1年中高い自給率とはいえませんが、それでも充分なくらい、
野菜は食べられると思います。どの野菜も、スーパーの味とは、
やっぱり違うと言えるので、ぜひ、味わって欲しいですね。
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top