ホーム » 家庭菜園ブログコラム » 家庭菜園をはじめても最初は失敗の連続|ナスの台木を育てていました

スポンサードリンク

家庭菜園をはじめても最初は失敗の連続|ナスの台木を育てていました

家庭菜園をはじめてすぐの5月のゴールデンウィーク頃には、
トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、トウモロコシを作り出しました。
もう、この時点で、最初のジャガイモ、ダイコンなども含め、
畑はあますところなく使いました。


すると、すぐにナスの根元からぐんぐん枝が伸びてきました。
今思うと、明らかにナスではない枝だったのですが、当時の私は、
生長していると、思ってました。
しかし、これは、ナスの接木苗から伸びた台木...。大きな失敗の1つです。
連作障害に強く、初心者でも簡単とあった接木苗からまさか、
枝が伸びるとは思っていなかったのです。

ナスの台木.jpg

冬は、害虫の被害が増えて苦労した覚えがあります。
キャベツなどの野菜は、特に害虫の被害の多い野菜になりますので、
その駆除は、本当いろいろなサイトを見たりと、手を掛けました。


家庭菜園をはじめて1年、本当に失敗の連続でした。
得れた収穫も、大変だと思うことが多く、思ったよりではなかったのを、覚えています。


でも、私は家庭菜園の楽しさを見出しました。
それは、畑作りそのものに慣れてきたことが1番です。


最初は本に書かれている通りに、畑に本を持ち込んで行ってましたが、
冬?春頃になると、本を見なくても作業が出来るようになったのです。
もちろん、育て始めこそ、どのように株間を取る、種のまき方などは、
調べるのですが、1度見れば、すぐに理解が出来るようになり、
どんどん楽しくなっていったのです。
1年やると、本当に変わります。野菜への愛着も湧いてきますし、
何より長年無趣味だった自分には、外で体を動かすのが気持ち良いと思えていました。
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top