初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土の役割 家庭菜園の土作り

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

投稿日:

dannryuuka.gif

土には粘土質のものや砂のようなものまで
いろいろなものがあります

家庭菜園での野菜作りに適しているのは
団粒構造とよばれている土です

団粒構造とは土の粒がくっついて
小さな団子状になっている状態のことで
土の団子と団子の間には隙間があり、
通気性や排水性がいいのが特徴です

また一つ一つの土の団子が
水分を蓄えるので保水性もよくなります

このような団粒構造の土を作っているのは
微生物やみみずなどの土の中にすむ生き物たちです

土壌生物の活動によって土の中にある
枯葉や生物の死骸などの有機物が分解され
土壌生物の出す粘液やふんなどが土と土を結び付けて
団粒構造となります

家庭菜園の畑に堆肥を入れると堆肥をえさにして
土壌生物の活動が盛んになり土が団粒化していきます

スポンサーリンク

土壌生物がたくさん増えると
バランスがとれた豊かな土壌になり
特定の病原菌などが増加することができなくなるため
病害虫の予防にもなります

⇒家庭菜園の土作り手順

スポンサーリンク

-土の役割, 家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

家庭菜園 土起こし

家庭菜園の土作り手順1 土おこし|畑全体を天地返しして柔らかい土にする

土作りの手順を紹介します。土作りの目的は大きく分けて二つあります。一つは植物に必要な養分を補うことです、二つ目は長く野菜が育てられるように土壌環境を作ることです。

no image

家庭菜園で緑肥を投入する|時間をかけての土作り

緑肥とは雑草などの植物をそのまま肥料にしたものです。 家庭菜園でじっくりと時間をかけて効いていく緑肥は 将来のための貯金のようなものになります。 家庭菜園での緑肥は必ずやらなければいけないことではあり …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク 関連

no image

土の団粒化とは

一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。 単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。 しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。