初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

水はけのよい土|団粒構造は通気性と保水性のバランスをよくする

投稿日:

水はけが良い土、水の通りやすさのことを排水性が高い、
透水性が高いという表現をします。

しかし、排水性が高すぎてしまうと、土の中に水分が留まらず、
すぐに土が乾き、水分不足を起こしてしまうことがあります。

排水性が低すぎてしまうと、根腐れの原因ともなりますが、
排水性が高すぎてしまうことも良くないということを、覚えておきましょう。

土の中にある程度のスペースがあり、空気が通りやすくなることを、
通気性が良いと表現します。
排水性が悪くなれば、当然、通気性も悪くなります。

植物も生きていますので、空気が絶対に必要になりますから、
通気性の良い土を作ることも、野菜作りには欠かせないポイントです。

スポンサーリンク

加えて、保水力の高い土であるのが理想です。
保水力・保水性の高い土は、植物の生長に必要な水分を蓄えておけるので、
水分不足になりにくく、土が乾きにくいと言えます。

野菜作りをする土には、肥料を施すことになりますが、
保水力の低い土では、すぐに肥料が流れていってしまいます。
肥料持ちについても、考えておくようにしましょう。

■野菜が生長しやすい土作りのポイント

上記でも説明させて頂いた通り、水はけが良いこと、
通気性が良いこと、水持ち、肥料持ちが良いことが土づくりのポイントになります。

団粒構造の土は、この条件を全て満たす土となりますので、
野菜を作る前は、土壌改良を行い、団粒構造のところへ種をまいたり、
苗を植え付けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の土作り手順3 うね作り|高く盛り上げるよりも通路をつくる感覚

土作りの手順3 うねを作る うねというと土が盛り上がった細長い形が想像できますね しかしうねを立てるほど野菜が植えられない法面がたくさんできてしまい 家庭菜園の限られた畑の使い方としてはもったいないで …

家庭菜園 ダイコン

大根の畑の準備・土つくり|おいしいダイコンの育て方

秋まきダイコンの畑の準備は種まきの2週間前までに行います ナスやピーマンなどの夏野菜を片づけたら 完熟堆肥をすきこんでおきます スポンサーリンク 紀州産杉ヒノキ樹皮原料のバークたい肥バーク堆肥14L …

野菜つくり

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント