初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り

家庭菜園の冬の作業|この時期にしっかり土作りを

投稿日:

本格的な冬を迎えると、家庭菜園は越冬野菜しかなくなってしまいます。
この時期は、空いている畑が必然的に多くなりますので、しっかりと管理を行い、
来年に向けて菜園の状態を良く保っておきましょう。
水はけが良い、通気性が良い、水持ちが良い、この3点は、
野菜の根を上手に育てるために、重要な土の条件となりますので、
このポイントを重視して、土の管理を行なっていきます。
土には、団粒構造と、単粒構造があります。
団粒構造とすると、孔隙率が高くなり、根を良く伸ばすことが出来ますが、
そのままの状態で野菜を育て続けると、次第に土は痩せて行きます。
痩せた土と良く表現すると思いますが、これが単粒構造です。
孔隙率が低い状態となるので、根の伸びが悪くなってしまうのです。
野菜の根を考えると、割と深いところまで土壌を良くする必要が出てきます。
深く耕していくと、作土層が20センチ以上にもなりますので、
これを目安として、土壌の改善をしていくと良いかと思います。
粗大有機物を入れる場合、畑起こしをする場合は、この寒い時期が適期です。
勿論、自分自身の管理の手があくということもありますが、掘り起こした下層の土を、
寒い外気に晒して風化させることができるからです。
こうすることにより、物理性が改善され、雑草が生えにくくなる効果、
病原菌、害虫の軽減にも役立ちます。
この作業の方法ですが、最初に前作の残りを全て綺麗にすることから始まります。
残りかすは勿論、残った株や茎、葉、根などを綺麗に処理した後、
堆肥などといった粗大有機物を全面に入れ、耕していきます。
深くまで土壌の改善をしたいという場合は、先に畑を起こしてから、
堆肥などを入れるという方法が良いかと思います。
耕した土はならす必要はなく、デコボコの状態のままにしておくと良いでしょう。
土壌の酸性度は、pH6.0?6.5ほどが理想となりますので、
冬の寒い時期に、土の酸性度も合わせて調べておくと良いかと思います。
酸性度の改良には、消石灰、砂質などを使うと良いかと思います。
尚、毎年無闇矢鱈に与えすぎるのは弊害を生じることがありますので、
充分注意してくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園に改良材を施用して土壌のpHを整える

日本の土壌は酸性土壌なので、一般には土壌改良材を利用して野菜に適した弱酸性?中性に矯正する必要があります。 土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、大部分の養分はpH6?7で水に解けるこ …

野菜つくり

白菜の土つくり・畑の準備|おいしいハクサイの育て方

白菜は日当たり、水はけがよく 2,3年白菜を育てていない場所に作りましょう 連続で白菜を栽培すると連作障害で病気が出やすくなります スポンサーリンク

no image

団粒構造の土とは?|家庭菜園の野菜作りに最適の土

団粒構造とはどんなものなのか?どうすれば団粒構造ができるのかを紹介します。団粒化するためには土壌微生物の役割が重要になってきます。家庭菜園に堆肥を入れることによって土壌生物の活動が盛んになり、土が団粒化していきます。土壌生物がたくさん増えていくとバランスのとれた畑になり、病気や害虫の発生も少なくなります。

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

no image

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てます カブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです 植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥 …

カテゴリー

最近のコメント