初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

おいしい野菜の見分け方 家庭菜園ブログコラム

旬の野菜は栄養価が高い?|野菜の栄養素

投稿日:

野菜というのは、一般的にでんぷん質を多く含みませんので、
私たちが主食とする米からすれば、低カロリーとなり、ダイエットにも良いと言われています。

しかし、例外として豆類・イモ類があります。
これらは、穀物である米のように高カロリーであり、主食として食べる国もありますね。

しかし、野菜の栄養価が低いという意味では決してありません。
低カロリーではあるものの、穀物にはない、ビタミンCや、カロチン、
ビタミンB1や、ビタミンE、食物繊維、カリウムなど、たくさんのミネラルが含まれます。

こういった栄養素は私たちの体に、絶対に必要なものとなりますので、
野菜は良い供給源と言えるでしょう。

最近は、年間を通して、さまざまな野菜が販売されるようになりました。
時期により、価格は違えど、ほとんどの野菜を旬となる時期以外にも、
気軽に食べることが出来るようになっています。

スポンサーリンク

しかし、栄養素の麺ではどうなのでしょうか?
旬である時とそうでない時、比較すると栄養素はやはり落ちてしまうのでしょうか?

カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウムなどのミネラルについては、
年間を通してほぼ、変わらないと言われています。

しかし、ビタミンCやカロチンに関しては、大きな差が出てしまうようです。
例えば、食卓の彩りともなるトマトやニンジンのカロチンの値は、
旬である月と最も適さない月では、半分以下となってしまうんです。

野菜は、本来ある旬である時期に食べるというのが1番栄養価が高いと言えますね。
家庭菜園では、旬である野菜をその都度食べることが出来ますので、
スーパーで購入した野菜よりも、栄養素を取りやすいといえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

-おいしい野菜の見分け方, 家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

冬の家庭菜園はダイコンを育ててみよう

冬場、特に年末年始の野菜の高騰は毎年のことですが、 ここ近年は、その高騰ぶりも半端ではないような気がします。 我が家は、役場から借りた菜園で、野菜を育てていますが、 冬場に野菜を作っても、寒さで育ちが …

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

野菜はビタミンの豊富な供給源

野菜はビタミンの豊富な供給源です。 とくにビタミンCは90%以上が野菜を中心とした青果物から摂取されています。 ビタミンA ビタミンAは脂溶性ビタミンで不足すると体の発育が止まり、 夜盲症(鳥目)、流 …

no image

園芸療法とは|家庭菜園で五感が研ぎ澄まされる?

園芸療法という言葉を御存知ですか?園芸療法とは、その名前の通り園芸作業が精神的な病を抱える患者さんの回復に役立つという事をさします。 この考え方は1880年台のアメリカで確立しました。フィラデルフィア …

no image

野菜の原産地を知ると栽培のヒントになる

野菜の図鑑などを見てみると、「原産地」が書き込まれていると思いますが、この原産地というのは、具体的にどういった土地であると原産とされるのでしょうか? ■原産地というのは、どういった土地のこと? 植物学 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。