初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトの接木苗を定植して連作障害対策

投稿日:

トマトは、味だけではなく、食卓のいろどりを良くするとして、
家庭菜園でも、特に人気の高い野菜の1つです。
トマトの苗の植え付けの適期は、4月下旬?5月上旬頃です。
トマトは苗から育てるのが一般的とされますが、種から栽培する場合は、
まだ、寒い時期に種をまき、育苗をする必要があり、初心者向きではありません。
■トマトは連作障害が出やすいため、接木苗で育てよう
IMG_2490.JPG
同じ野菜、同じ科の野菜を毎年、同じ場所にて栽培すると、
連作障害とよばれる、野菜には良くない影響が多々出ます。
前につくっていた野菜の害虫、病原菌による影響や、
その野菜の出した分泌物の影響など、理由はさまざまとなりますが、
連作障害によって、作物が枯れてしまうことも良くあります。
家庭菜園では、狭い限られた中での栽培となりますので、
この連作障害には十分注意しながら、栽培を行う必要がありますが、
トマトを含む、ナス科の植物は、特に連作障害が出やすいため、
接木苗を使って育て始めることをおすすめします。
ピーマン、ナス、トマトは同じナス科に属する野菜ですが、
家庭菜園でも定番となるこの野菜を1度育てた場所は、3年?4年、
ナス科の野菜を作れなくなってしまいます。
狭い家庭菜園では、相当な痛手ですよね。
そんな時の助けとなるのが、接木苗です。
接木苗というのは、病気に強い苗を台木としてトマトの苗を接いだもので、
連作障害の影響が出にくいと言われています。
また、接木苗はトマトの嫌う、高温多湿にも強く育てやすいと言えます。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

トマトの原産地と適した環境

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。 そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、 トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。 日中の強い日差しは好む植物では …

野菜つくり

調理用トマトの品種紹介|おいしい調理用トマトの育て方

調理用トマトを栽培する前には支柱栽培の品種か 地這い栽培の品種かチェックしてしておきましょう。 スポンサーリンク 関連

no image

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、 レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。 しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、 忙しい …

no image

トマトの育苗の温度管理|最適な温かい環境を作る方法

野菜の苗は、定植の適期より早くから出回ることがほとんどです。ホームセンターや、園芸専門店、インターネット通販などで購入ができるので、自分の好みの品種を探してみると良いでしょう。 しかし中には、苗すら販 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。