初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方

キュウリは支柱栽培がおすすめ|キュウリの育て方まとめ

投稿日:

キュウリは、収穫までの期間が短く、初心者でも育てやすいです。
しかし、美味しいキュウリを育てるためには、病気への対策をとるなど、
適切な管理をすることは重要です。
今日は、そんなキュウリの栽培ポイントについてまとめました。
是非、参考にしてみてください。
■良い苗の選び方、生育環境を良くする
キュウリの苗の選び方のコツは、子葉がしっかりとついていること、
本葉が3?4枚ほどついていること、節間が短くしっかりしているもの、
病害虫がないもの、この4点を確認しておきましょう。
また、ウリ科の野菜にも連作障害があり、キュウリの場合は、
つる割病が起こりやすくなりますので、接木苗を選ぶのも良い方法だと言えます。
キュウリの生育適温は18度?25度ほどです。
それほど高い温度は不要となりますが、霜などのおりない時期に、
苗の植え付けを行うようにしてください。
また、土づくりの際には、苦土石灰などをまくようにして、
土の酸度の調節を行なってください。
■キュウリは、地這栽培よりも支柱栽培がおすすめ
キュウリは地這栽培をすることもできますが、家庭菜園では、
スペースの取らない、作業を行いやすい、支柱栽培がおすすめです。
苗の植え付け後には、合掌式支柱やU字支柱をしっかりと立てて、
その後の雨風の影響にも耐えられるようにしておきます。
また、支柱に上手く誘引するのが難しい場合には、
キュウリ用のネットを張っておくと、自然に誘引することができます。

スポンサーリンク

-キュウリの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キュウリの収穫のタイミング|大きくなりすぎるならミニキュウリの選択もあり

みずみずしくて、黄色い可愛い花を咲かせて、 緑のカーテンにもなる人気者のきゅうりですが、 実はすごく品種がたくさんあります。 ホームセンターに行って、きゅうりの苗を探すと、 種類が豊富すぎて迷ってしま …

no image

ウリハムシには被服資材を使う|ウリ科の葉を丸くかじる害虫

↑ウリハムシ スポンサーリンク キュウリの苗が小さい時にウリハムシの被害に遭いやすいです薄手の被服資材をトンネルがけしておくとウリハムシの侵入を防げます キュウリの樹がトンネルに当たるようなくらい大き …

家庭菜園 キュウリ

キュウリの育て方・栽培方法|みずみずしい風味が特徴の夏野菜

キュウリの育て方・栽培のポイント 夏場の土壌乾燥を防ぐ 肥料切れをおこさないようにする スポンサーリンク キュウリはとくに水をたくさん必要としますので 乾燥には十分気をつけてください。 スポンサーリン …

no image

おいしいキュウリの育て方|家庭菜園での品種の選び方

キュウリの成長はとても早く、夏の最盛期にはあっというまにお化けキュウリになってしまうほどです キュウリの茎は1週間で20?、実は1日に5cm以上成長します 皮が軟らかくて、みずみずしい、若どりがおいし …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう

カテゴリー

最近のコメント