ホーム » 野菜の育て方 » エダマメの育て方

スポンサードリンク

エダマメの育て方カテゴリの記事一覧

エダマメ用の品種と大豆用の品種の違いと育て方

■土寄せの作業を怠らず、まっすぐに伸びるようサポートする


エダマメは、根の張り方が浅いので、風で倒れやすいです。
そのため、生育途中で土寄せを行い、まっすぐに伸びるようにします。
一般的には、本葉が伸び始めたら、双葉のあたりまで、
葉が埋まらないように、土寄せを行います。

IMG_2936.JPG

■開花期は、カメムシや、マメシンクイガに注意する


さやは育っているのに、マメは全然育っていない、
そんな時は、カメムシや、マメシンクイガの被害に遭ってる可能性があります。


これらの害虫は、まださやの小さいうちに、養分を吸い取るので、
実が育たなくなってしまい、ツルボケを起こす原因にもなります。
開花期の防除策としては、寒冷紗をかけることや、観察を良く行い、
見つけ次第、殺虫剤、捕殺で対応してください。


■収穫期は、実が太ってきた頃を確認して目安とする


エダマメは、収穫の適期の短い作物となりますので、
収穫期を逃さないように注意してください。さやを押した時に、
マメが自然に飛び出る程度の時が、1番美味しい頃合いです。


エダマメのマメは、株の下部より順番に育ってくるので、
収穫の際は、成熟具合を上から下まで確認することが大切です。


■エダマメ用品種と、ダイズ用品種について


エダマメを収穫せずに育てると、ダイズになります。
しかし、今はエダマメ用品種とダイズ用品種と分けられているので、
美味しいエダマメを収穫したい場合は、エダマメ用品種を使用して
育てるのが良いと言えます。
スポンサードリンク

家庭菜園で枝豆とおいしいビールを楽しむ

夏のビールのお供と言えば、やっぱりエダマメですよね。居酒屋の定番メニューとも言え...

続きを読む

枝豆とだだちゃ豆の違い|栄養価は高いので栄養素取りつつ、甘味が楽しめる

チャマメや、クロマメは、山形県、新潟県に在来種があります。特に、希少性の高い「黒...

続きを読む

エダマメの日本の歴史と栄養価

エダマメは、緑黄色野菜です。緑黄色野菜に含まれている、ビタミン類や、カロテン、ダ...

続きを読む

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

続きを読む

Return to page top