初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

エダマメの育て方 家庭菜園ブログコラム

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

投稿日:

枝豆2.jpg

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、
あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか?

実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども
豊富に含まれていて、夏バテの解消にも良いとされています。

自宅でも簡単に育てることの出来る作物ですので、
ビールのおつまみとして、夏バテ防止・解消として、
是非、家庭菜園で育ててみてください。

枝豆の歴史は古く、夏の栄養補給源として奈良時代から
食べられていました。江戸時代には、枝豆を売る人も見られたほど、
人気の高い食材だったと言います。

そんな枝豆は、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、
タンパク質を多く含んでいます。糖質をエネルギーに変える役割の
あるビタミンB1は、疲労回復にも役立ちます。

スポンサーリンク

また代謝を促す効果もあるため、栄養ドリンクなどのスタミナ回復には、
ビタミンB1は多く含まれています。

また、大豆の未熟豆としても知られている大豆ですが、大豆にはない、
ビタミンA・ビタミンCも含んでいます。

ビタミンB1・ビタミンC、枝豆にあるメチオニンは、肝機能の負担を
軽くし、アルコールの分解を助ける効果も期待出来ますので、
ビールのおつまみには、もってこいの食材です。

更に、むくみの原因となっているナトリウムの排出も助ける、
カリウムも豊富に含まれていますので、まさに夏の万能食材です。

スーパーなどで購入する場合は、さやが膨らんでいる物、
豆の1粒が大きいもの、より濃い緑色をしているものを選ぶと、
より美味しい枝豆が食べられます。

ヘルシーでもありますので、今年の夏は枝豆を食べて、
夏を乗り切りましょう!

⇒エダマメの育て方

スポンサーリンク

-エダマメの育て方, 家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家庭菜園で天然の農薬を使う

農薬には、天然のものがあります。例えば、蚊取り線香の原料である、 除虫菊(ジョチュウギク)を利用した農薬などです。ちなみに私は、 無農薬栽培とは言え、この農薬を使用しています。天然のものなので、 野菜 …

no image

トマトは厳しくストレスを与えた栽培のほうが甘くなる?

我が家では、毎年、家の前の小さな畑に、トマトを植えています。 苗は、自分で育てず、ある程度大きくなったものを買います。 初めの頃は、どれも同じだろうと、値段の安い苗を買っていましたが、 色々な種類を試 …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

家庭菜園の害虫は種類もいろいろ|ちょうちょの風景ものどかに思えない

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。チョウチョの止まる風景は、 非常にのどかな印象がありますが、家庭菜園にとっては、害虫です。 モンシロチョウは、野菜に止まり、アオムシの生まれる卵を産み付けます。 …

no image

エダマメの根粒菌の役割|空気中の窒素を固定してくれるすごいやつ

エダマメはマメ科の中でも根粒菌のつきやすい野菜です 根粒菌はマメ科の植物の根に侵入し、小さなこぶ(根粒)を作ってそのマメ科植物に寄生します スポンサーリンク 空気中の窒素をとりこみ、アンモニアに還元し …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。