初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの種まき|夏の育苗は風通しのよい場所で

投稿日:

栄養がある緑黄色野菜の代表がブロッコリーです。
濃い緑色の部分や、独特の味というのは非常に癖になるもので、
茹でて、マヨネーズを付けるだけでとても美味しいものです。

家庭菜園でもブロッコリーは非常にお勧めの作物で、
小さいながらも、長く収穫を楽しめ、食卓の彩りを良くしてくれます。

そんなブロッコリーは、春まきと夏まきがあります。
夏まきする場合は、大体関東以降の西の地域では7月中旬頃が適期です。

早生、晩生の品種など、ブロッコリーにはさまざまな品種があるので、
好みの品種を選ぶのもポイントであり、それぞれ種まきの適期が、
微妙に異なるのも注意しましょう。

種まきは、一般的にセルトレイを用いて行いますが、
少ない苗数で育てる場合は、3号ほどのポリ鉢でも育てられます。

セルトレイの1つの穴に対し、また、1つの鉢に対して、
大体3粒ほどをまいていき、育つにつれて1株に間引いていきます。

スポンサーリンク

セルトレイを用いる場合は、本葉が3枚?4枚ほどになったら、
ポリ鉢を使う場合は、本葉4枚?5枚ほどになったら植え替えを行います。

夏の育苗となりますので、苗を置く場所はなるべく通気性の高い
場所を選ぶようにします。しかし、直射日光が当たり過ぎるのも良くないので、
よしずや寒冷紗などを使って遮光するようにしてください。

また、アオムシやアブラムシなどの害虫の被害にもあいやすいので、
観察を怠らないようにし、発見した際はすぐに防除することも、
忘れないようにしましょう。

元肥は、堆肥と油粕を多めに施します。
根腐れなどになりやすいので、深くには植えないように心掛け、
排水溝を作るなどして、水たまりが出来ないようにしましょう。

また、風の被害にもあいやすい作物ですので、
支柱を上手に使って、倒れないように育てていきます。

スポンサーリンク

-ブロッコリーの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ブロッコリーは、側花蕾(わき芽)の収穫も楽しめる

■害虫は、なるべく早期に発見して防除すること ブロッコリーの苗は、本葉5?6枚程度のものが理想です。 葉柄の伸びていない、しっかりとした苗を選んで栽培をはじめてみてください。 育苗をする際は、本葉5? …

no image

ブロッコリーの間引きとスティックセニョールの育て方

ブロッコリーは食卓に並べるにも、お弁当にも、彩りが良く非常に重宝する野菜の1つでもあります。 今日は、そんなブロッコリーを家庭菜園で育てる時のお手入れについて紹介していこうと思います。 ブロッコリーの …

no image

ブロッコリーの育て方|わき芽も収穫できる栄養価の高い野菜

ブロッコリーは、アブラナ科に属する野菜でブロッコリーの芽には、発がん率を下げる効果もあるとされており、近年、医学的にも注目を浴びている野菜です。 私たちが食べているブロッコリーというのは、花の蕾と茎の …

no image

ブロッコリースプラウトの効果を知っていますか?

料理研究家の小林カツ代さんの息子であり、同じく料理研究家のケンタロウさんなどが筆頭となって、テレビでもスプラウト野菜は取り上げられ、今や話題となっています。 ケンタロウさんの番組「「男子ごはん」でも当 …

no image

ブロッコリーの歴史と仲間たち

ブロッコリーは、花蕾(からい)と呼ばれる、つぼみや、花の茎を食べる、 少々変わった野菜です。花菜類に分類される、葉菜類の野菜です。 ブロッコリーの先祖を探ると、キャベツに行き着く、キャベツの仲間で、 …

カテゴリー

最近のコメント