初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイの起源と日本での歴史|漢字では青梗菜

投稿日:

チンゲンサイは、数ある中国野菜の中でも特に、日本でも馴染み深い、
ポピュラーな野菜だと言えます。スーパーなどに行っても、チンゲンサイは、
1年中手に入れることができるほど人気のもので、広く利用されます。
そんなチンゲンサイのほとんどは、水分でできています。
100グラムあたり、わずか9カロリーしかないと言われるほど、
水分でできている野菜なので、ダイエットをしている女性にもおすすめです。
植物学的には、カブ、ハクサイと同じものと分類されていますが、
園芸上では、結球しないタイプのアブラナ科の漬け菜として、
タイサイ群に分けられます。
もともとは、中国の華中にて作られた野菜と言えますが、その祖先は、
ハクサイと同じ、ヨーロッパ周辺にあると言われています。
日本にチンゲンサイが入ってきたのは、昭和後期になってからのことで、
そこからは、日本でも、チンゲンサイの改良が行われています。
その当時は、今の「チンゲンサイ」の呼び方ではなく、
「青茎パクチョイ」や、「青軸パクチョイ」と呼ばれていました。
このパクチョイというのは、中国語でチンゲンサイを意味する言葉で、
そのまま、日本でも使われていたと言います。
しかし、昭和58年、農林水産省、食品流通局によって、
葉の軸が緑色のものを「チンゲンサイ」、葉の軸が白色のものを
「パクチョイ」(ハクサイ)と呼ぶようになりました。
ちなみに、日本の漢字に置き換えると青梗菜、白菜と書きますが、
それは中国と同じで、読みが、チンゲンツァイ、パイツァイと異なります。

スポンサーリンク

-チンゲンサイの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

チンゲンサイの栽培期間と生育適温|10度以下の低温ではとう立ちしやすい

チンゲンサイは、暑い、寒い、気候の変化に比較的強いので、 土壌を選ばず、簡単に育てられる野菜として知られています。 栽培期間も短いので、種まきから収穫までの手間も掛かりません。 しかし、チンゲンサイは …

no image

チンゲンサイの栽培のポイント|水やり管理はしっかりと

中華人民共和国、中部あたりを原産とするチンゲンサイは、 戦後、中国よりやってきたとされています。それ以前にも、チンゲンサイがあった といわれることもありますが、その時はまだ、日本には定着しなかったよう …

no image

チンゲンサイの株間について|おいしい青梗菜を収穫するために

中国野菜の1つ、チンゲンサイは、日本でも良く使われる野菜です。 暑さや、寒さに比較的強い野菜ですので、日本でも育てやすく、調理しやすいとして、 家庭菜園でも人気が高い野菜です。 ■美味しいチンゲンサイ …

野菜つくり

パクチョイとチンゲンサイの違い

中国では不結球菜類全般を 「小白菜」という呼び名で総称していて、 日本で言うチンゲンサイもパクチョイも この「小白菜」の中に含まれます。 スポンサーリンク 関連

no image

チンゲンサイの育て方・栽培方法|いろいろな栄養素がバランスよく入っている野菜

チンゲンサイは中国語で青梗葉と書き、茎の青い葉という意味です。 チンゲンサイはハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、 これらの原産地は地中海性沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、 中国に渡ってから …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。