初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

シュンギクの育て方

シュンギクの原産地と日本での歴史

投稿日:

シュンギク(春菊)は、順次葉を収穫しながら花も楽しめる野菜です。
独特の香りと苦味は、あまり得意ではない人も居るかも知れませんが、
大人になると、シュンギクの美味しさが良く分かりますよね。
IMG_3089.JPG
原産地は、地中海沿岸地域、東部に広く自生しています。
ただし、日本のように野菜としてシュンギクを食べているのは、
限られた地域のみ。インド、東南アジア、中国など、
東アジアだけです。
地中海沿岸付近のヨーロッパでは、シュンギクは観賞用です。
草花としては育てられていますが、食用には苦味が不向きとされているのです。
シュンギクは、地中海沿岸より、東アジアに伝わり野菜になりました。
その時期や、過程はまだまだ不明である部分も多いですが、
1000年代後期には、既に栽培がされていたようですね。
日本には、室町時代に入ってきました。
ローマギク、ルソンギク、コウライギク、リュウキュウギクなど、
さまざまな名前が伝わっています。
現在も、西日本ではシュンギクを、キクナと呼ぶこともあるそうです。
日本では、特に、シュンギクを鍋物に使いますので、
冬場には大活躍する野菜となります。寒さには比較的強く、
生育適温も15度?20度となりますので、家庭菜園でも、
旬のシュンギクを、鍋物に入れて楽しむことができます。
鍋物は、一度にたくさんの野菜を食べることができるので、
健康に良いのも魅力の1つです。
是非、今年の冬は、自宅で採れた野菜を使った鍋物を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

-シュンギクの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

スティック春菊の育て方|茎が長く伸びるシュンギク

スティック春菊をご存知ですか?これは、春菊の新たな品種であり、双葉と第一本葉の間の茎が、ぐんぐんと伸びていくことからスティックと言われています。 【野菜たね】【春菊】高品質の野菜種野菜たね スティック …

no image

シュンギクの種まき|家庭菜園なら移植栽培より直播栽培がおすすめ

シュンギクの種は、直播栽培、移植栽培、どちらも可能ですが、 直播栽培にするのが良いと思います。 種は好光性なので、土は浅く、5ミリ程度に被せて軽く押さえます。 また、乾燥した土や、固く固まった土に直播 …

no image

シュンギクの生育適温と家庭菜園におすすめな摘み取り栽培

シュンギクは、生育適温が15?20度と低く、冷涼な気候が好きです。 寒さには割と強いので、トンネル栽培をすれば、冬越しもできます。 逆にシュンギクは、暑さにめっぽう弱いので、27?28度になると、 生 …

カテゴリー

最近のコメント