初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ベビーリーフの育て方

リーフレタスの育て方|大きくなった葉から収穫すれば、とりたてサラダを楽しめる

投稿日:

家庭菜園で育てることの出来るレタスの種類は大きく分けて3種類です。
最も一般的でありスーパーなどでも良く見掛けるレタスは、球レタス、
サラダ菜などは半結球レタス、結球しないものはリーフレタスと言います。

IMG_3207a.JPGのサムネール画像

茎レタス、かきレタスなどといった品種もあり、レタスといっても、
味や形がさまざまな家庭菜園でも、これらを楽しむことが出来ます。

その中から今回はリーフレタスの育て方について、紹介したいと思います。
リーフレタスは、彩りが綺麗でサラダなどにも向いています。

ガーデンレタスミックスを種まきしていきます。
これは、5品種が混合して売りだされているリーフレタスです。

作って楽しく食べておいしいニュータイプガーデンレタスミックス【野菜の種】【レタス】

スポンサーリンク

作って楽しく食べておいしいニュータイプガーデンレタスミックス【野菜の種】【レタス】

切れ込みが大きく、細い葉が特徴的なのがオークと呼ばれる品種、
葉の端がフリルのようになっているのが、フリンジーという品種です。
また、それぞれに色々な葉色が入って袋詰されています。

種まきの適期は、3月?6月頃まで、8月上旬?秋までです。
生育も良く、発芽率も高いので育苗箱に7センチ?8センチ間隔で、
筋蒔きをしていきます。

間引きは大体2センチ?3センチ間隔になるようにし、
本葉が4枚ほどになったところで、畑に植え付けていきます。

育て方のポイントとしては、ミックスされた種を良く混合してまくこと、
覆土をするときに非常に薄く土を被せ、鎮圧を行なっておくこと、
間引きも品種を混合して行うようにしましょう。

大きくなった葉より随時収穫すれば、とりたての状態でサラダなど、
楽しむことが出来ます。適度に甘みがあり、とても美味しいですよ。

スポンサーリンク

-ベビーリーフの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

レタスの育て方|種から育てるのが簡単な野菜

家庭菜園でのレタスの育て方を紹介します。レタスは家庭菜園で育てられる野菜の中で種から育てるのが簡単な野菜です。

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

家庭菜園でベビーリーフを育てよう

新しい品種が次々と登場して、家庭菜園愛好者の注目を集めているのがリーフ野菜です。 交配、バイオ技術の進歩によって、 葉の色や形、食味などバラエティー豊かな リーフ野菜がそろっています。 スーパーで並ぶ …

no image

レタス栽培のポイント|水やり、間引きと害虫に注意

家庭菜園でのレタス栽培のポイントを紹介します。レタスは育てるのが簡単な野菜で基本的に注意するポイントは水やりと間引き、害虫です。またレタスは間引きしたあと間引き菜、スプラウト野菜として楽しめます。スーパーではなかなか売っていないものなので家庭菜園の醍醐味の一つです

カテゴリー

最近のコメント