初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

レタスの育て方

秋冬に収穫する玉レタスの種まき・育苗|適期に種をまくのがコツ

投稿日:

玉レタスは、スーパーでも良く見掛ける野菜ではありますが、
歯切れの良いレタスは、家庭菜園ならではの味となりますので、
秋の菜園にとてもお勧めですので、是非、栽培してみてください。

玉レタスの種まきは、8月上旬?中旬頃に行います。
それ以上早くまくと、高温・強い日差しにより花芽が出来、とう立ち
することもありますし、遅すぎても良い結球が出来なくなってしまいます。

レタスの発芽を促す最も適した温度というのは、15度?20度と低いので
真夏の暑い中、種をまくとは言え、涼しいところで管理する必要があります。

1番確実なのは、種子に充分水を吸水させる方法です。
大体6時間?7時間ほど水をふくませておき、その後、キッチンペーパー
などの上に敷き、ポリ容器に入れ二晩冷蔵庫で冷やしておきます。

スポンサーリンク

こうすることで芽が動き出しますので、育苗箱やセトトレーに、
種まきをしていきます。

種まき時の土は育苗用のものを使えば安心です。
覆土は、非常に薄く土をふりかけるような目安で行います。

その後、土の上に稲藁を薄く覆い、暑さ・乾燥を防ぎます。
新聞紙などでも代用出来ます。

発芽が確認出来たら覆っている藁や新聞紙を除去して、
木陰など、直射日光の当たらない部分に移動させ育苗を行います。

育苗箱にまいたものは、本葉が2枚ほどになったころに鉢に移植し、
本葉が5?6枚ほど付いた苗に育てていきます。

セルトレーにまいたものは、本葉が2枚ほどになったころに間引きし、
1本立ちにして、本葉4枚?5枚ほどに育てていきます。

どちらの場合も乾燥が懸念される季節となりますので、
土の乾燥には注意して、晴天の日には1日2回?3回ほど、水やりを
行うようにしてください。

スポンサーリンク

-レタスの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

レタスの発芽方法|栽培ポイントまとめ2

■発芽までは、乾燥に注意して育てる 種まき後は、充分に水をあげた後、新聞紙で乾燥を防ぎます。 その後は、その新聞紙の上から発芽を促すように水を与えます。 発芽後は、徒長予防のために、新聞紙は取り外して …

no image

玉レタスの種まき時期と苗作り|発芽適温は18℃~23℃

スーパーなどでも、レタスのさまざまな種類を見かけるようになりましたが、 やっぱり、私たちの生活に馴染みのあるレタスは、結球レタスと呼ばれる、 球レタスですよね。 結球レタスは、スーパーのレタスでは味わ …

no image

レタス栽培のポイント|水やり、間引きと害虫に注意

家庭菜園でのレタス栽培のポイントを紹介します。レタスは育てるのが簡単な野菜で基本的に注意するポイントは水やりと間引き、害虫です。またレタスは間引きしたあと間引き菜、スプラウト野菜として楽しめます。スーパーではなかなか売っていないものなので家庭菜園の醍醐味の一つです

no image

レタスの育て方|種から育てるのが簡単な野菜

家庭菜園でのレタスの育て方を紹介します。レタスは家庭菜園で育てられる野菜の中で種から育てるのが簡単な野菜です。

no image

レタスの歴史と起源|レタスの祖先は地中海沿岸あたりに自生しています

サラダには欠かせない、レタスの祖先は、中近東のあたりや、 地中海沿岸あたりに自生しています。 レタスの栽培は、非常に古くから行われているもので、 古いものでは、紀元前4500年のエジプトの壁画にレタス …

カテゴリー

最近のコメント