ホーム » 野菜の育て方 » ダイコンの育て方

スポンサードリンク

ダイコンの育て方カテゴリの記事一覧

ダイコンの間引きと病害虫防除|キスジノミハムシにも注意

■間引きの注意点


種まき後1週間ほどしたら、発芽が揃います。
この時期に1回目の間引きを行います。子葉の不整形のものなどを抜き、
良いものを、3本ほど残します。


2回目の間引きは、本葉が2枚?3枚程度になった時です。
生育の揃ったものを2枚残して、他のものは綺麗に引き抜きましょう。


3回目の間引きは、本葉6枚?7枚程度の時に行います。
生育の1番良い1本を残し、植え穴に追肥を行います。


間引きの際は、残す苗に負担が掛からないよう注意してください。
株元を押さえながら引き抜いて、土寄せしておくのがポイントです。


■アブラナ科のダイコンは害虫に注意


ダイコン以外のアブラナ科の野菜にも言えますが、
葉が食い荒らされる被害が多くなりますので、害虫にはとことん気をつけたいところです。


ベタ掛けした不織布をそのまま掛けているのも良い方法ですが、
おすすめは、生長に合わせて、トンネル掛けに切り替える方法です。
1回目の間引きの時に不織布から、防虫ネットを使用したトンネルに変えるのが理想です。


■キスジノミハムシにも注意


ダイコンの葉に、点々とした小さな穴がたくさん空いている時は、
キスジノミハムシの食害が予想できます。
成虫は葉を食べますが、幼虫は根を食べる外注となりますので、
幼虫が増えるのは、特に注意しなければなりません。


更に、アブラムシ、ハイマダラノメイガ、コナガ、アオムシ、
ヨトウムシなども発生します。
見つけ次第捕殺するとともに、通気性を良く育ててください。
上記で説明した防虫ネット、トンネルは害虫の活動が盛んな、
11月上旬ころまでは使用しておきましょう。


スポンサードリンク

ダイコンの栽培のポイント|根が良く伸びるように、土を耕す

さまざまな調理法のあるダイコンは、家庭菜園でも人気の野菜です。良く使用する野菜だ...

続きを読む

ダイコンの収穫のタイミング|種まき後、2ヶ月ほどで収穫することができます

ダイコンの種まきは、春まきの場合は4月中旬頃に、秋まきの場合は9月頃に行います。...

続きを読む

ダイコンの種まきと土作り|直根性の野菜なので直播栽培で育てます

ダイコンは、5度?32度と、生育できる気温の幅が広いのが特徴ですが、適温は大体、...

続きを読む

ダイコンの原産地と日本での歴史

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、さまざまなとこ...

続きを読む

Return to page top