初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

イチゴの育て方

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

投稿日:

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、
石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。
しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、
まだまだ最近である18世紀になってからのこと。
gum15_ph03072-s.jpg
チリを原産とする、チリイチゴと、北アメリカを原産とするバージニアイチゴ
この2種類の交雑より、生まれたと言われています。
見た目はあまり良くないとされますが、大粒のチリイチゴ、
小粒ではあるものの、とても美味しいと言われる、バージニアイチゴ、
この2つがあったからこそ、今の「とちおとめ」や「あまおう」が生まれたのです。
そんないちごの実は、「いちご」そのものではなく、いちごの表面にある、
ツブツブとしたゴマのような粒のことです。
そのゴマのような粒の中には、更に種が入っています。
私たちが普段、実だと思っている「いちご」の部分は、子房を支える、
花托(かたく)と呼ばれる部分が大きくなったものです。
ナスや、トマト、スイカの実の中に種があるように、いちごもまた、
同じように実の中に種が入っていますが、実の小さいいちごは、
種を取り出す必要がないため、このような形になったとされています。
また、いちごを育てたことのある人はわかると思いますが、
種ではなく、苗、ランナーと呼ばれるつるで増やしていくものですので、
そういった意味でも、種を取り出すことがないと言われているのです。
露地栽培では、初夏頃になると、たくさんのいちごが実ります。
子供から大人まで、人気のフルーツとなりますので、是非、家庭菜園に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

-イチゴの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イチゴの育て方|簡単家庭菜園でいちご栽培

イチゴが出回る季節と言うとクリスマスシーズンが思いつきますが、実は本当の収穫時期は5月?6月だということを知っていましたか? スーパーなどでは、クリスマスシーズンに合わせて12月頃よりイチゴを良く見か …

no image

イチゴの苗の選び方|ウイルスフリー苗とは

美容にも、健康にも良いとされるいちごは、大人も子供も大好きで、 家庭菜園でも、特に人気のある作物です。 今日はそんないちごの、栽培ポイントについてまとめました。 ■いちごの苗の選び方 いちごは、苗から …

no image

イチゴの育て方|いろいろな品種を家庭菜園で楽しむ

小さな子どもも大好きなイチゴ。お子さんのためにイチゴを栽培している方も少なくありません。最近は、色々な種類のイチゴが店頭にならんでいますが、それと同じように様々な品種のイチゴの苗が販売されています。 …

no image

イチゴの手入れ|春のアブラムシやダニに注意

イチゴは一般的に秋頃の植え付けとなりますが、基本的に春を迎えるまでは水を適量あげておけば、特にお手入れをする事なく生育期を迎えます。 しかし春になるとハダニやアブラムシといった害虫がつきやすくなるため …

no image

イチゴの旬はいつ?|

クリスマスケーキと言えば、大きないちごの乗った物を思い浮かべますが、 クリスマスの時期は、いちごの旬な時期とは正反対の時期です。 いちごの旬は、5月?6月頃、冬の寒さを感じてこそ、覚醒すると言われてい …

カテゴリー

最近のコメント