初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

イチゴの育て方

イチゴの品種の種類と健康効果

投稿日:

「女峰(にょほう)」や「とちおとめ」は、栃木県で主に作られるいちごです。
「あまおう」「とよのか」は、福岡県で主に作られているいちごの品種名で、
東西でいちごの栽培地域の主力、品種が変わってきます。
frt027-s.jpg
もともと、いちごというのは、調理にはあまり使わないものであるため、
品種というのは他の野菜に比べて少ない傾向にありましたが、
良い品種は、ランナーを使って充分に増やすことができるので、
新しい品種を作るという意味では、デメリットとして捉えられていました。
phm19_0944-s.jpg
しかし、最近はさまざまないちごの新品種が作られてきています。
これは、いちごは子供から大人までさまざまな世代に好まれているということ、
収益性の高さから、増えてきていると言われているのです。
上記で挙げた品種の他に、岐阜県の濃姫や、秋田県の秋田ベリーなど、
個性的な品種もありますので、是非、育ててみてください。
そんないちごには、たくさんのビタミンCが含まれています。
お肌のハリや、弾力にも役立つほか、高い美容効果が期待できるので、
女性はもちろん、子供や男性にも、是非取っていただきたいと思います。
しかし、ビタミンCというのは、水に溶けやすく、熱に弱い傾向にあるので、
ジャムよりも、生のまま食べるようにすること、洗った後にヘタを取るようにして、
食べると、よりビタミンCをいちごから補給することができます。
美容効果だけではなく、動脈硬化を抑える、葉酸が含まれているなど、
健康効果にも期待できますので、是非、いちご作りをはじめてみてください。

スポンサーリンク

-イチゴの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イチゴの手入れ|春のアブラムシやダニに注意

イチゴは一般的に秋頃の植え付けとなりますが、基本的に春を迎えるまでは水を適量あげておけば、特にお手入れをする事なく生育期を迎えます。 しかし春になるとハダニやアブラムシといった害虫がつきやすくなるため …

no image

イチゴの植え付け時期|地上にクラウンが出る程度を厳守

イチゴは、家庭菜園向きではないと言われているものの、 小さなお子さんからその味を楽しむことが出来るため、家庭菜園では人気が高いと言えます。 しかし、苗作りからはじめるとなると、実に1年近くも栽培期間が …

no image

イチゴの増やし方|いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせる

■いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせる いちごの種は、いちごの表面にあるツブツブとしたゴマのようなものではなく、 そのゴマの中に入っています。 一般的に、いちごを育てる際は、全て苗からとなりますの …

no image

イチゴの苗の選び方|ウイルスフリー苗とは

美容にも、健康にも良いとされるいちごは、大人も子供も大好きで、 家庭菜園でも、特に人気のある作物です。 今日はそんないちごの、栽培ポイントについてまとめました。 ■いちごの苗の選び方 いちごは、苗から …

no image

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、 石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。 しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、 まだまだ最近であ …

カテゴリー

最近のコメント