初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

スイカの育て方

スイカの栄養価|カリウムとシトルリンに注目

投稿日:

スイカは漢字で「西瓜」と書きます。
これは、中国に伝来した時に「西から来た瓜」とされたためだと言われます。
また、スイカは日本で「水瓜」と表記することもあります。
この理由は、スイカの約90パーセントが水分でできていることにあり、
アメリカでも、「WaterMelon(ウォーターメロン)」とされているからです。
そんなスイカは、水分ばかりで栄養素がないと思われがちですが、
その残りの10パーセントには、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ミネラル類、
アルギニン、糖分が含まれており、疲労回復にとても効果的だと言われます。
その中でも特に注目されているのは、カリウムとシトルリンです。
カリウムは、利尿作用があるので、高血圧、膀胱炎、腎炎などに効果的です。
シトルリンは、アミノ酸の一種であり、血液の流れを良くする効果、
老廃物などを上手く排出する効果、下半身のむくみや、女性に多い冷え性、
男性機能の回復などに役立つとされています。
日本ではあまり食べることのない種の部分には、脂肪分や、
タンパク質、ビタミンBやビタミンEが多く含まれ、薬用として使われることもあります。
また、原産地となる砂漠地帯では、種も食用として活用していたのだそうです。
ただし、スイカには体を冷やす効果がありますので、食べ過ぎると、
下痢などの症状が出ることもあります。夏バテ予防に効果的ではありますが、
くれぐれも食べ過ぎないように、気をつけながら食べてください。

スポンサーリンク

-スイカの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

スイカの原産地と日本での歴史

スイカの栽培は、約4000年以上前から行われてきたと言われます。 その原産地は、熱帯アフリカのサバンナや砂漠地帯にあると言われ、 「水分」として利用されていたという話も残っています。 また、同時は今は …

no image

スイカの有効成分|シトルリンやカリウムが夏バテに効く

スイカは約9割が水分で出来ているという話を聞いたことがありませんか?確かに果肉のほとんどが水分なので、栄養価が低いとされがちですが、実は色々な効果の期待出来る野菜でもあります。 その効果とは、抗酸化作 …

no image

種なしスイカの作り方|コルヒチン処理

夏の果物といえば、スイカを思い浮かべる人も多いと思います。 しかし、スイカを食べる時には、種を取りながら食べなくてはいけないため、 それが面倒だからあまり食べないという人も多いようです。 そんな方にお …

no image

家庭菜園でのスイカの交配の仕方|スイカ栽培のコツ

6月頃はスイカも梅雨にやられ、病気にかかりやすい時期です。そのため、地植えの場合であれば両端の裾があいているトンネル状のものをビニールで作っておきます。 プランター栽培の場合は、太めの針金などを上手に …

no image

スイカが着果しない失敗を防ぐための栽培ポイント

■2番花、3番花に着果させるのがポイント スイカの雌花は、親蔓、子蔓ともに、7?8番目の節につき、 その後、5?6節ごとに雌花がついていきます。 最初につく雌花は、まだまだ株の成長段階の途中の花となる …

カテゴリー

最近のコメント