初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ショウガの育て方

ショウガは高温多湿を好む|生育適温は25~30℃

投稿日:

ショウガは、アジアの熱帯地方に原産する野菜であるため、
高温多湿の状況を好みます。大体18度ほどから、発芽しますが、
生育の適温は、25度?30度ほどです。
高温に強いため、低温には弱く、15度が生育の限界です。
10度ほどの気温になると、塊茎と呼ばれる根の部分が腐ってしまいます。
ショウガというのは、多年生に属する草本ではあるのですが、
日本の場合、冬に10度以下になることは避けられませんから、
春に植え付け、霜のおりるまでに収穫する1年草のように扱われています。
植え付ける際は、気温が15度以上になったころに行ってくださいね。
ショウガは、連作障害の出やすい野菜としても知られています。
ショウガの連作障害は、地下部の根の部分が腐ってしまう、
茎腐敗病になりやすくなる他、ネコブセンチュウなどの発生が起こりやすくなります。
そのため、植え付ける時は4?5年作付けしていない場所であるのが望ましいです。
日当たりのあまり良くはない場所でも育てることができますので、
作付けしていない場所である方を重視してください。
ショウガは、種ショウガの植え付けから栽培がスタートします。
植えつけた種ショウガからは、新芽と根が徐々に伸び、
葉が数枚になると、株に新しい芽ができ、徐々に生長していきます。
ショウガの栽培は、この塊茎を成長させるのが重要ですので、
発芽直後、発芽後1ヶ月の2回、追肥・土寄せを行います。
また、多湿を好みますので、乾燥には気を付けてください。
収穫は、筆ショウガ、葉ショウガ、新ショウガと順次楽しめますので、
夏場から霜のおりる季節まで長く、味わえます。

スポンサーリンク

-ショウガの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ショウガの植え付け時期|葉ショウガはビールのおつまみにも最適

ショウガは、幅広く食生活に取り入れられてきました。その歴史は古く、殺菌作用として、薬効として、生臭い臭いをとるためになど、非常に色々なところで活躍する食材として知られています。 葉ショウガ(谷中ショウ …

no image

ショウガの植え付け|良い種ショウガを選ぶのが第一ポイント

■良い種ショウガを植え付けるのが第一ポイント ショウガは、種ショウガの植え付けからスタートしますので、 この種ショウガの状態が初期の生育を大きく左右します。 そのため、種ショウガはしっかりとした芽のあ …

no image

ショウガの原産地と日本での歴史

ショウガは、適度の爽やかな辛味・香りが人気の食材です。 日本だけではなく、その人気は世界中にあり、暖かい地域では、 薬用や香辛野菜として良く栽培されています。 ショウガの原産地は、インド、マレーなどの …

no image

家庭菜園で楽しめるの根しょうがと葉しょうが|長く収穫が楽しめるのも魅力

ショウガは、食欲不振の時や、冷え性の女性にも効果があるとされ、注目されている作物です。また、ショウガには殺菌効果もあり、家庭菜園にも非常に向いています。 ショウガは、根生姜・葉生姜・矢生姜などに大きく …

カテゴリー

最近のコメント