初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

サトイモの育て方

サトイモの植え付けの深さ|芽かきの作業も忘れずに

投稿日:

サトイモは、高温には強いものの、低温には弱い、そして、
乾燥に弱い特性のある野菜です。その点も踏まえ、
サトイモの栽培ポイントについて、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

地温・乾燥問題にはマルチング

 
 
サトイモは、低温に弱く、乾燥に弱い性質がありますので、
日当たりの良い場所、水持ち、水はけの良い場所で育てます。
畝幅は約75センチほど確保し、畝を10センチほどにして土作りを行います。
 
 
畝の中央には、30センチ程度の溝を作り、堆肥・化成肥料を入れ、
耕した後に、平らにならします。
 
 
また、その後にマルチフィルムを張ります。
最初からマルチングを行うのが、サトイモ栽培の特徴です。
風に飛ばされないよう、土を盛って留め、フィルムには穴を開けます。
 
 

スポンサーリンク

種芋の植え付けは浅めに行う

 
 
種芋は、ふっくらとして丸い、傷のない芽の付いたものにします。
マルチングの穴(株間30?40センチ)のところに深さ10センチ程度の穴を作り、
芽の出た部分を上にしながら、種芋を植え付けます。
 
 
ここでの注意は、覆土を5センチ程度、浅くすることです。
尚、昨年の親芋も使えます。
 
 

芽かきの作業を忘れずに

 
 
植え付け後、1ヶ月ほどして2本以上の芽が出ましたら、
そのうち、元気の良い芽を1本残して他の芽はかき取る作業を行います。
 
 
こうすることによって、株が充実したものになります。
また、この芽かきの作業は植え付け1か月後の1回のみです。
その後に出る芽は、そのまま残しておきましょう。

スポンサーリンク

-サトイモの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サトイモの原産地と日本での歴史|主なサトイモ品種

サトイモは、縄文時代より日本にて食べられている野菜ですが、 原産地は東南アジアです。熱帯アジアの方では、主食でもある、 タロイモ類の1つの品種群で、そのうち、最も北にて栽培されているのがサトイモです。 …

no image

サトイモの植え付け時期|生育適温は、25度?30度と高く、低温には弱い

ジャガイモの種芋は、検査に合格した種芋であるのに対し、 サトイモの場合は、土の付いた品質の良いものであるならば、 スーパーで購入したものでも、種芋にすることができます。 スーパーにて購入の時は、大体は …

no image

サトイモの収穫の目安|収穫は霜の降りる前までに

■追肥&土寄せの作業は、サトイモの肥大に重要 発芽の揃い出す6月頃になりましたら、最初に張った、 マルチフィルムを剥がして、追肥と土寄せの作業を行います。 化成肥料1平方メートルあたり20グラム程度を …

no image

サトイモの追肥、土寄せ|1度に土寄せするのではなく、まめに行うのがポイント

形の良いサトイモの収穫のためには、追肥&土寄せが重要です。 1回目の土寄せは、発芽の揃った時に行います。 2回目は、親イモに子イモの付く、7月頃に行い、 孫イモの付く8月頃に3回目の土寄せを行います。 …

no image

サトイモの収穫のポイントと上手な貯蔵方法

サトイモは、秋に入ると徐々に肥大していきます。 しかしその後、寒くなると生育はストップします。 収穫の適期は、霜が降りるほどの寒さになった頃となりますので、 収穫の時期を見逃さないようにしてください。 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。