初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

メロンの育て方

土壌病害に弱いメロンは、土作りに気を付け、接木苗を利用する

投稿日:

メロンは、雨の少ない地方を原産とする作物ですので、
雨には十分気をつけて育てる必要があります。
また、ウリ科の高温性の作物なので、スイカと同様、連作障害、
気温にも同時に注意してください。
今日は、メロンの栽培のポイントに付いてまとめました。
IMG_1030.JPG
■土壌障害に弱いメロンは、土作りに気を付け、接木苗を利用する
メロンを育てる場所は、日当たりが良く通気性の良いところが理想です。
土は、酸度pH6.5が適正となりますので、事前に調べておくようにしましょう。
肥料は、有機質肥料をたっぷりと施し、水はけを良くすることが大切です。
メロンは、連作障害の出やすい作物となるので、土壌障害、
病害虫に強い、接木苗を利用して育てるのが一般的です。
植え付けは気温の充分高くなった頃とし、植え付け後は保温をして、
初期の生長を促進するようにしてください。
■メロンの雌花は、孫蔓につくので注意する
親蔓、子蔓2本の3本仕立てが一般的となります。
メロンは、孫蔓に雌花を付ける作物ですので、本葉5?6枚の時に、
親蔓の摘芯作業を行い、子蔓を伸ばしていきます。
子蔓は、10?12節のころに摘心し、そこから出る孫蔓は、
4節目までは、付け根から摘み取り、5節目以降のものの葉を2枚残して
同様に摘芯します。
この葉の部分に雌花がつきますので、人工授粉を行い、実を付けさせます。
通常はこのままの状態で育てることができますが、葉や蔓が、
伸びすぎるようであれば、その都度、子蔓を綺麗に摘み取ることが必要です。

スポンサーリンク

-メロンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

メロンのネット形成|特徴的な網目は、実は傷跡

メロンには、露地栽培にも適したマクワウリ、温室栽培に適した マスクメロンなど、多くの品種がありますが、家庭菜園には、 一代交配種(F1)となるメロンがおすすめです。 このメロンの苗は、カボチャを台木と …

no image

メロンの原産地と日本での歴史|プリンスメロンはノーネットメロンの代表

メロンの原産地は、比較的、降水量の少ない中近東や東アフリカで、 今から約2000年ほど前より、栽培が開始されたとされています。 日本での歴史も古く、1番古いものでは、弥生時代の土器と一緒に、 種が出て …

no image

メロンの生育適温と栽培方法|家庭菜園では支柱栽培がおすすめ

メロンは、樹勢の強さに大きく生育が左右されます。 強すぎても、弱すぎても、結実が見られなくなってしまいますので、 実がつくまでの管理は、しっかりと行いたいものです。 土作りとしてできるのは、有機質肥料 …

no image

メロンの着果|人工受粉で確実に実をつけさせる

■スイカ同様、メロンも人工受粉で確実に実をつけさせる メロンは、孫蔓の5節目以降に雌花をつけさせるよう育てますが、 この部分に確実に着果できるよう、人工授粉の作業を行います。 一度に3?4個の果実をつ …

カテゴリー

最近のコメント