初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

メロンの育て方

メロンの着果|人工受粉で確実に実をつけさせる

投稿日:

■スイカ同様、メロンも人工受粉で確実に実をつけさせる
メロンは、孫蔓の5節目以降に雌花をつけさせるよう育てますが、
この部分に確実に着果できるよう、人工授粉の作業を行います。
一度に3?4個の果実をつくり、そのうち形の良いものを、
子蔓1本に対して2つほど残して摘果します。
■うどんこ病、アブラムシには充分注意すること
メロンは、アブラムシ、うどんこ病が発生しやすい作物です。
すぐに発見できるよう、毎日の観察は怠らないようにしておきますが、
万が一発見した場合は、適用となる薬剤の散布をして対処します。
また、病害虫に強いカボチャの台木を使用したメロンの苗であれば、
つる割病は予防することができますが、つる割病は1度かかると、
治療するのが困難であるため、十分注意してください。
それを避けるために、ウリ科との連作は5年以上あけるように
心がけてください。
■メロンの収穫の目安は匂いで判断!
IMG_1415.JPGのサムネール画像
メロンは、人工授粉後40日?45日ほどで収穫出来ます。
この収穫適期は、メロンの品種によっても大きく異なりますので、
事前に適期は調べておくようにしてください。
また、収穫適期より10日ほど前になったら、水やりを控えながら、
育ててあげると、メロンの甘さが引き立ち、裂果も予防できます。
プリンスメロンの場合は、へたより少し下のところが、甘い香りになります。
この頃が食べどきです。更にへたを触った時に、取れてしまうくらいが、
1番の食べごろだと言われています。

スポンサーリンク

-メロンの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

メロンの原産地と日本での歴史|プリンスメロンはノーネットメロンの代表

メロンの原産地は、比較的、降水量の少ない中近東や東アフリカで、 今から約2000年ほど前より、栽培が開始されたとされています。 日本での歴史も古く、1番古いものでは、弥生時代の土器と一緒に、 種が出て …

no image

メロンのネット形成|特徴的な網目は、実は傷跡

メロンには、露地栽培にも適したマクワウリ、温室栽培に適した マスクメロンなど、多くの品種がありますが、家庭菜園には、 一代交配種(F1)となるメロンがおすすめです。 このメロンの苗は、カボチャを台木と …

no image

メロンの生育適温と栽培方法|家庭菜園では支柱栽培がおすすめ

メロンは、樹勢の強さに大きく生育が左右されます。 強すぎても、弱すぎても、結実が見られなくなってしまいますので、 実がつくまでの管理は、しっかりと行いたいものです。 土作りとしてできるのは、有機質肥料 …

no image

土壌病害に弱いメロンは、土作りに気を付け、接木苗を利用する

メロンは、雨の少ない地方を原産とする作物ですので、 雨には十分気をつけて育てる必要があります。 また、ウリ科の高温性の作物なので、スイカと同様、連作障害、 気温にも同時に注意してください。 今日は、メ …

カテゴリー

最近のコメント