初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

白菜の育て方 野菜の育て方

ハクサイ(白菜)の寒さ対策|白菜を長く上手に楽しむ方法

投稿日:

家庭菜園の防寒対策は万全でしょうか?

冬越しする葉菜類では 園芸用の不織布をベタ掛けしたり、
弱い霜を防ぐだけなら、寒冷紗をベタ掛けするか、
トンネル掛けすることで防げます。

ハクサイ(白菜)の収穫も順調に進んでいるでしょうか?

大きく育ち、結球したハクサイは、
一気に収穫しても食べきれないですよね
たくさんできた白菜は、 順番に収穫して長く楽しみたいものです。
 
白菜を畑でそのままにしておくと、 霜や寒風があたって、
結球した白菜の頂部の柔らかい葉や外葉がカサカサになり、
やがてそこから腐って食べられなくなってしまいます。

⇒ハクサイの栽培特性
まだ収穫していないものは防寒対策をして、
長い間利用できるようにしましょう。

簡単な白菜の防寒対策は、霜が降り始めてきたころ、
少ししおれかけた白菜の外葉を、
結球した白菜の上に3?4枚かぶせておく方法です。

しおれかけた白菜の葉の方が球になじみやすく、
風で飛ばされにくいので利点ですが、
なければ白菜の新葉でも大丈夫です。

スポンサーリンク

家庭菜園の畑に長く置く場合は、
なるべく多くの白菜の外葉で
球を包むようにして、ひもで縛っておきます。

ハクサイが勢いよく育っていると白菜の葉が折れたりして、
作業しにくいので、多少の霜にあたり、
白菜の葉が柔らかくなってから行うようにします。

べた掛け資材(不織布など)があれば、
それを2?3枚重ねて、 風で飛ばされないように
工夫して白菜に覆っておくのも一つの方法です。

家庭菜園から収穫して貯蔵しておくには、
新聞紙にくるんで、涼しい所に立てておくのが簡単です。

収穫した白菜がたくさんあるなら、根をつけて抜き取り、
竹林や樹林など霜を防げる場所に、
白菜の根元を上にして並べておきます。

腐った白菜の株は早めに発見し、取り除くようにしましょう。

⇒ハクサイはなぜまくのか?

⇒ハクサイの栽培特性

スポンサーリンク

-白菜の育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セロリの育て方・栽培方法|シャキッとした食感がおいしい野菜

セロリの栽培ポイント セロリは涼しい気候を好み、乾燥を非常に嫌うので、 セロリの株元にはしっかり水をやりましょう。 セロリは光に敏感で、 生育初期は十分に光をあててやり、 セロリの収穫期が近づいてきた …

no image

無病で良く結球したハクサイを作るには

無病で良く結球したハクサイを作るには、適期に種まきを行うこと、 丈夫・健康な苗を作ること、有機質肥料を充分に与えた土地に植え付けること、 害虫の防除をしっかりと行うことが重要となります。 種まきの適期 …

no image

娃々菜(わわさい)の育て方|食べきりサイズの超小型ハクサイ

スーパーなどで売られている一般的なハクサイの重さは4?5キロです。小型のものでも3キロほどありますので、購入したはいいものの、持って帰るのに大変!といった経験をされた方も居るのではないでしょうか? そ …

no image

シソの栽培・育て方|独特の風味のジャパニーズハーブ

家庭菜園で少量の株でいい場合はポットでシソの苗を作り、 シソがある程度大きくなったら、定植します。 シソの種まき シソの種はポリ鉢に5粒くらいまき、苗を育てます。 土はシソの種が隠れるくらいのうすめに …

no image

家庭菜園の連作障害対策|同じ野菜を続けて栽培してはいけません

家庭菜園での連作障害を考えると エンドウ、スイカ、ナスのように 6?7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、 小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。 家庭菜園のせまい …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。