初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の連作障害対策

連作障害対策が必要な野菜|とくにナス科、アブラナ科がなりやすい

投稿日:

連作障害は、同じ品種や同じ種類の作物を同じ場所で育てると、
生長が悪くなったり、病気になりやすくなるなどさまざまな被害の事を
さします。

これは、土壌中の微生物のバランスが崩れることなのが悪いとされ、
原因ともなっていますが、特にアブラナ科・ナス科の野菜に、
起きやすいともされています。

■アブラナ科の野菜 コマツナ・ダイコンなど
■ナス科の野菜 ナス・ジャガイモ・ピーマン・トマトなど

連作障害を防ぐためには、輪作がお勧めです。
予め、1つの畑と4つのエリアなどに区切りそれぞれ違った野菜を
育てていきます。

次のシーズンには、育てる野菜を交換していくという方法です。
例えば、ナス科の植物を育てたエリアは次のシーズンに根菜類、
次にマメ科、次にイネ科など次々に作物を変えていくのです。

スポンサーリンク

根菜類は、土を深く耕す効果があり、マメ科の植物は肥料となる
窒素を増やす役割、イネ科は地力を増す効果など、それぞれに
特色があるのも覚えておきましょう。

土壌中の微生物さえ活性化すれば、連作障害も起きないといいます。
勿論、上記のように色々な作物を育てることは重要だと言えますが、
やはりここでも、土壌改良に力を入れておくのがポイントです。

その他、作物同士の株間を考えることや、肥料の与えすぎなども、
連作障害を抑えるために必要な事だと言えます。

株間が混み合えば、風通しが悪くなってしまうため、病原菌の活動が
活性化し、害虫も発生しやすくなってしまいます。

また、必要以上の肥料の与え過ぎも同様に病害虫の被害を
増やしてしまうことになりかねません。

上記の事に気をつければ、連作障害・病害虫の被害などといった、
家庭菜園のトラブルを避ける事が出来、健康に食物を育て、
美味しい作物を収穫することにつながるのです。

スポンサーリンク

-家庭菜園の連作障害対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家庭菜園での輪作の方法と輪作の例

輪作というのは、同じ科ではない違う野菜を育てる方法です。例えば、トマト⇒トマトを育てる場合は、連作となり、輪作ではありません。 トマトはナス科となるので、トマトの次にピーマン、ナスを育てるのも、輪作で …

no image

輪作と連作障害|狭い家庭菜園のスペースを有効活用するには?

同じ野菜を連続して同じ場所で栽培すること、同じ科の野菜を連続して同じ場所で栽培することを、連作といいます。逆に、違う野菜、違う科の野菜を栽培することを輪作といいます。 スペースの限られた家庭菜園では、 …

キャベツ 連作障害

連作障害の出にくい野菜、出やすい野菜

野菜には、連作障害の起こりやすいものと、起こりにくいものがあります。 連作障害が起こりやすいのは、主にナス科のトマトや、ナス、ピーマンなど、 ウリ科のキュウリやスイカ、アブラナ科のキャベツ、ハクサイな …

no image

連作障害の基礎知識と輪作の作付計画

同じ科に属する野菜や、同じ種類の野菜の野菜を同じ場所で栽培することを「連作」と言います。作る側の私たちから見れば、同じ場所で育てることは、管理がしやすく、育てやすいと言えますが、作物にとっては非常に悪 …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。