ホーム » 家庭菜園で育てやすい野菜 » 栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

スポンサードリンク

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。
野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、
さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなります。


また、この栽培期間が短ければ短いほど、管理の時間が少なくなり、
追肥などのお手入れの手間が省けるため、育てるのが簡単であると言えます。
病害虫防除の点から見ても同じ事が言えますので、初心者の方はまず、
栽培期間の短い野菜より、チャレンジしてみると良いかと思います。


一般的には、葉菜類が栽培期間が短いとされている野菜の種類です。
若い葉を食べるルッコラや、ほうれん草、小松菜などがその代表例です。


適期に種まきを行えば、約1ヶ月~1ヶ月半ほどで収穫が出来るので、
すぐに家庭菜園の醍醐味を味わうことが出来るというメリットもあります。


また、シュンギクのように生育中に育った茎葉を取りながら食べれるものもあり、
間引きと収穫を1度に楽しむことが出来る野菜もあります。


根菜類の中で、栽培期間が短いのが二十日大根です。
大体、適期に種まきを行えば1ヶ月以内に収穫することが出来ます。
小かぶなども、栽培期間の短い野菜ですので、育ててみてはいかがでしょうか?


果菜類に関しては、栽培期間の長いものがほとんどとなります。
同じトマトや、ナスでも品種によっては、栽培期間が異なるものがありますので、
そういったところに注目しながら、品種を選ぶのも1つの方法です。


これらの野菜は全て、種袋の裏面に、栽培期間や、種まきの適期などの、
情報が掲載されていますので、そちらを見ながら野菜を選んでいきましょう。
スポンサードリンク

Return to page top