初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

初心者が始める家庭菜園|おうち簡単野菜作り

投稿日:

近年、日本では野菜への安全性が問われています。
そういった事から家で野菜を育てることの出来る
家庭菜園を趣味とする方も増えてきています。

ご自身の家の庭は勿論のこと、マンションやアパートに
住まれている方でもベランダを使って出来ます。

また、最近では賃菜園・市民農園などを借りて
家庭菜園を楽しんでいる方も多いようです。

自分でつくった野菜というのは、安全性も保証出来ますし、
何より食べていてとても楽しく美味しいものです。

食べたい野菜を作り、食卓に並べるというのは、
とても良いものですよ。是非、あなたも家庭菜園を
はじめてみてはいかがでしょうか?

■何をどれだけ育てて良いか分からない場合には?

家庭菜園をはじめる方は、自分がまずを何の野菜を
食べたいのかをイメージしてみてください。
その中から少しずつ野菜をつくるのがポイントです。

少しずつ色々な野菜を育てれば、様々な野菜を
色々な時期に収穫出来、食生活のバランスも良くなります。
また、天候や病害虫などの被害も分散出来ます。

スポンサーリンク

食べたいものをいくつかピックアップし、その中で、
少しずつ育てていくと良いでしょう。

⇒初心者でも作りやすい野菜

■収穫出来る量を考えること

例えば育てやすいとされているプチトマトであれば、
一株でも充分に収穫が出来ることでしょう。
食べる人数を考え、必要な量だけを育てるのが鉄則です。

■家庭菜園をする場所の広さで作物を選ぶ

まず、作物を育てる場合には育てる作物にあった
環境が必要です。例えば、カボチャやスイカなどの作物は、
1株育てるにしても場所を広く要しますので、
ベランダなどで育てることは出来ません。

自分の家庭菜園の広さを把握し、それに見合った
作物を育てることは非常に重要なことです。

上記の2つの事柄より、育てる野菜を決めていきます。

・食べたい野菜をいくつかピックアップする
・家庭菜園の広さとその野菜が生長した時のバランスを考える
・生長した時にどれだけ収穫が可能な野菜かを調べる

この3点を考えながら作物を決めることで、
より家庭菜園もはじめやすくなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、 そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、 油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、 それぞれを使って、土作りを行います。 家庭菜園 …

no image

無農薬栽培の害虫対策|

無農薬栽培にしたいけど、毎日虫取りの十分な時間が取れない…。 私もその一人です。十分には時間が取れませんし、畑の作業は、 虫取りだけではありませんので、他の作業が疎かになってしまいます。 …

no image

亜鉛は野菜だけでなく人間にも効果的|高齢者の食欲不振、皮膚障害の改善に

野菜にとって必須である微量元素の亜鉛ですが人間にとっても重要な栄養素の一つです 私が肥料研修を受けたときに聞いた話ですが食欲不振で寝たきり、床ずれもひどく、意識状態も低下していたおばあさんに亜鉛の薬を …

no image

栽培時期による野菜の分類|家庭菜園で季節の野菜を育てよう

野菜には、いろいろな分類方法がありますが、季節で分ける方法も一般的です。春作と呼ばれる春野菜、夏作と呼ばれる夏野菜など、それぞれの野菜について、詳しく紹介して行きたいと思います。 ■春野菜 暖かい地域 …

no image

ピーマンを家庭菜園で育てて食育に

家庭菜園で人気の野菜といえば、トマトが思い浮かびます。 子どもも大好きで、赤い実が可愛くて、料理に彩りも添えてくれて、 まさに食育にもお料理にもピッタリです。 ですが、雨で実が割れてしまったり、病気に …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。