初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園を始める前に覚えておくこと|連作障害に注意

投稿日:

家庭菜園をはじめる前に覚えておくこと

■連作障害には注意しよう

同じ品種や同じ科のものなどを連続して栽培すると、
病気になりやすい・育ちが悪くなるといった現象が起こります。
これが連作障害です。

家庭菜園でも良くつくられるトマトやナス、トウガラシといったナス科のものや、
マメ科のインゲンや枝豆、アブラナ科のブロッコリーやカブなどは、

連作障害を起こしやすいとされている野菜になりますので
注意しなければなりません。

例えばトマトをその年育てた場合には、次シーズンには、
違う品種を植えるようにします。

トマトの後にナスなどを育ててしまうと連作障害が起こりやすいため、
トマトの後に育てるならば、ナス科以外のものがベストです。

根菜類・マメ科・葉菜類など色々なものを育てることで、
連作障害を回避することができます。

これは、プランター栽培でも同じことが言えますので、
プランターで栽培する場合も、連作障害を気に留めておいてください。

また、プランターの場合は土をまるごと取り替えてしまうのも1つの方法です。

スポンサーリンク

⇒家庭菜園の連作障害対策について

■まずは簡単な作物から育ててみよう

栽培が簡単な野菜をはじめに育て、家庭菜園に
慣れることからスタートしましょう。

はじめは、肥料は何をどれだけあげればいいのか?
水やりはどのくらいやればいいのか?虫がついてしまったら
どうすればいいのか?等、分からない事だらけです。

また、それぞれ作物によって答えは異なっていきますので、
最初の1年?2年は簡単な野菜育てて家庭菜園に慣れて行きましょう。

初心者にも優しく、育てやすい野菜はジャガイモ、
ピーマン、プチトマトなどです。

また、ハーブといったものも丈夫なため育てやすいです。
ローズマリーなどを育てておくのも便利ですね。

家庭菜園は、年を重ねるごとにどんどん面白くなっていきます。
最初は専門用語なども難しく、育てる作物によって
全く育て方が異なるため手間取ることも多いかと思いますが、

1年?2年もすれば、勝手が徐々に分かってきます。
根気良く続け、家庭菜園の面白さを感じてみてくださいね。

⇒家庭菜園で作りやすい野菜

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。 この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた 原産地を見ることが出来ます。 ■バビロフ氏による野菜の原産地 1.南アメリ …

no image

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか? 実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども豊富に含まれて …

野菜つくり

野菜の種類はいくつあるの?|世界中の野菜を集めると800種類以上

『野菜』は、全部で何種類くらいあると思いますか? 世界中の野菜を集めると、約800種類もの量になるのだそうです。 実際のところ、日本で栽培されている野菜は150-180種類となりますが、 食文化の変わ …

no image

家庭菜園を作ってトマトを栽培しました

昨年の夏、人生初めて家庭菜園をしました。 まずは畑を耕すところから始めました。 わが家には庭がありましたが、土が硬すぎてそのままになっていました。 小さい耕運機で硬い土を耕し、まずは野菜の大事な土台作 …

no image

家庭菜園でおいしい有機野菜を食べたい|なるべく農薬を使わない野菜作り

私が考える「野菜作り」の面白さの1つは、”安心・安全”であることです。 家庭菜園をされている方以外の方も、今は、食の安全について、 強く関心を持たれている部分だと思います。我が …

カテゴリー

最近のコメント