初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で健康生活をおくろう|野菜と健康の関係性

投稿日:

野菜は、健康に良いと呼ばれる食生活になくてはならないものです。
具体的に、私たちの生活に野菜を取り入れると、どのような健康効果を
得ることが出来るのでしょうか?

野菜には、ビタミンが多く含まれています。
その中でも、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには発がんリスクを下げるという、
健康効果があるとされています。

・ビタミンA
細胞膜を強くするために、重要となるビタミンです。
ベータカロチンは、緑黄色野菜に多く含まれることで知られていますが、
このベータカロチンは、私たちの体に入ると、ビタミンAとなり、
発がん率を低下させます。

・ビタミンCとビタミンE
これらのビタミンは、食品の酸化防止効果を得ることが出来ます。
私たちの体に発生した活性酸素をなくし、がん予防としての効果が期待出来ます。

スポンサーリンク

尚、発がんリスクと下げるという点では、食物繊維も有効です。
発がん物質を吸着する効果があり、特に、大腸がんの予防に効果的です。

このように、野菜と健康には大きな関係性があり、
健康的な体を維持するために、野菜は必要不可欠だと言えます。

最近は、サプリメントなどが多く市販されるようになりました。
中にはこういったサプリメントを利用して、ビタミンなどを摂取する人も居るかと思いますが、
やっぱりその効果は、野菜をそのまま食べるほうが良いとされています。

日本だけではなく、アメリカでも共通の認識であり、野菜や果物をとると、
がんが抑えられるとされ、緑黄色野菜をたくさん食べるように、
といった指針も発表されています。

具体的には、1日に最低でも400グラム以上の野菜・果物をとると良いのだそうです。
発がんリスクを避けるためにも、毎日400グラム以上は、野菜・果物を食べる
生活を続けて行きたいものですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家庭菜園の楽しみ方|自分で育てた野菜が育っていくのに感動

家庭菜園の醍醐味は、やっぱり自分で育てた野菜が育っていく、 その過程を見ることができるところにあると思います。良く、畑を見ながら、 作業の合間に休憩をするのですが、本当に良いものです。 自分で耕した畑 …

野菜つくり

野菜と穀物の定義とは?

野菜は、簡単な調理や、生で食べる事の出来る一年生の草本植物とされています。 これに対して、穀物はどのように定義されているのでしょうか? スポンサーリンク 関連

no image

家庭菜園で野菜の花の綺麗さに驚き

もともと、都会育ちの私は、あまり、野菜のなっている畑、 木に果物のついた光景を見たことがありませんでした。ですから、 家庭菜園は、新たな発見の連続、今でこそビックリしませんが、 最初は木にリンゴがなる …

no image

トマトは厳しくストレスを与えた栽培のほうが甘くなる?

我が家では、毎年、家の前の小さな畑に、トマトを植えています。 苗は、自分で育てず、ある程度大きくなったものを買います。 初めの頃は、どれも同じだろうと、値段の安い苗を買っていましたが、 色々な種類を試 …

no image

ホウレンソウは酸性土壌が苦手

家庭菜園で野菜を作っていますがもともとの地面の固い土を掘り起して、 ホームセンターで買ってきた野菜用の土とブレンドしていますので、 どうしても目は粗いですし、土壌が酸性に傾いているようです。 昨年の秋 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。