初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

山菜と野菜の違い|家庭菜園でも山菜を楽しむ

投稿日:

「山菜」という言葉を一般的に使うと思いますが、山菜類というのは、
どのようなもののことを言うのでしょうか?

一般的に山菜というのは、その名前の通り、野山に自生する植物です。
その中で、葉・茎・花蕾・根などを食べることが出来るものが、山菜です。

最近では、ミツバ、セリ、フキ、ジュンサイ、ワサビなどの山菜を、
気軽に購入することが出来るように、作物として自生ではなく、育てている人も多く居ます。

生鮮食品品質基準では、山菜以外のハーブ類や、きのこ類なども、
野菜として扱われていますが、あまり野菜とは認知して居ない人も多いのではないでしょうか?

中学校の理科の勉強のようになってしまいますが、
ハーブや、山菜の多くは、被子植物に属します。

スポンサーリンク

更に、ゼンマイやワラビなどはシダ植物に属します。
胞子で増えるきのこもシダ植物とされることがありましたが、現在は、
菌類というように分類されているようです。

このように野山に自生する野菜でも、さまざまな分類分けがされていて、
気軽に菜園で育てられるものもあれば、そうでもないものもあります。

春夏秋冬、さまざまな季節を楽しむことの出来る日本には、
まだまだ自然を楽しめる場所というのも多くありますが、徐々に環境も変化し、
これらは自生するものではなく、栽培するものとして変わっていくのかも知れませんね。

家庭菜園では、こういった山菜も自分で育てることが出来ます。
お浸しや、うどんやおそばと一緒に、天ぷらにと、「和」を楽しめる野菜ですので、
是非、育ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野菜の原産地を知ることは野菜の特徴をより理解する手掛かりとなる

日本で栽培されている野菜は、日本の高温多湿な環境にも適するよう、品種改良が盛んに行われており、野菜の育てやすさというのは、年々上がってきていると言えます。 しかし、野菜が元々持ちあわせる生理や生態など …

no image

家庭菜園で生ごみをリサイクル?|コンポスターで堆肥作り

自分の家庭菜園を持つと、明らかに生ごみの量が減ります。 自分の畑にて収穫したものは、食べられない部分は除去してから、 家に持ち帰ります。家に持ち帰った分は、全て食べれる部分なので、 余すことなく食べる …

no image

家庭菜園でおいしい有機野菜を食べたい|なるべく農薬を使わない野菜作り

私が考える「野菜作り」の面白さの1つは、”安心・安全”であることです。 家庭菜園をされている方以外の方も、今は、食の安全について、 強く関心を持たれている部分だと思います。我が …

no image

家庭菜園は種からはじめるか? 苗からはじめるか?

初心者の方であれば、種からはじめるべきか?苗からはじめるべきか?というところで悩むかと思います。 失敗が少ない方法を考えるのであれば、苗をホームセンターなどで購入し、その苗を直接植え付ける所より栽培を …

no image

野菜の原産地を知ると栽培のヒントになる

野菜の図鑑などを見てみると、「原産地」が書き込まれていると思いますが、この原産地というのは、具体的にどういった土地であると原産とされるのでしょうか? ■原産地というのは、どういった土地のこと? 植物学 …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。