初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地を知ると栽培のヒントになる

投稿日:

野菜の図鑑などを見てみると、「原産地」が書き込まれていると思いますが、
この原産地というのは、具体的にどういった土地であると原産とされるのでしょうか?

■原産地というのは、どういった土地のこと?

植物学的に考えると、原産地となるのは、その野菜の祖先となる、
種類の野菜が自生していた場所、地域となります。

例えば、ブロッコリーや、キャベツなどは地中海沿岸地域が原産です。
これは、ブロッコリー、キャベツの祖先である現在のケールに近い野生種が、
地中海沿岸地域に自生していたと考えることが出来ます。

その後、原産地とは違う場所で品種改良がされ、作出されたのが、
私たちの食卓でも一般的とされる、キャベツやブロッコリーです。

スポンサーリンク

現在の野菜は、非常に古くより改良されてきたものがほとんどのため、
原種となる元々の野生種というのは、あまり分かっていないのです。

しかし、旧ソ連のバビロフ氏という植物学者は、たくさんの植物の調査をし、
「作物の8大中心地」というのを提唱しました。

この提唱により、比較的、同じような場所を原産とする野菜が多い事が分かったのです。
やはり、野菜の育ちやすい場所であるというのは、絶対条件なのでしょうね。

現在、図鑑などに書かれている原産地というのは、その野菜が、
そこで作られたという意味ではなく、そこをルーツとする野菜ということになります。

長い年月をかけて品種改良の進んだ今、なかなか不明な野菜も多いですが、
原産地に由来した特性を持つ野菜も多く見られるので、
栽培のヒントにもなりそうですね

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家庭菜園

野菜の分類、科名を覚えておくと家庭菜園の管理に役立つ

植物学的に、野菜は分類分けされています。 家庭菜園では、連作障害を避けるためにも、この野菜の分類分けについて、 ある程度頭に入れておくようにしてください。 例えば、アブラナ科の野菜には、ダイコン、ハク …

no image

トマトのベランダ栽培にチャレンジ

マンション住まいの我が家では、野菜作りは専らベランダ栽培です。 ここ3年程野菜栽培にチャレンジしていますが、 昨年は懸賞応募で当選した凛々子という品種のトマトを初めて栽培しました。 トマト栽培は初めて …

no image

農林水産省が定める、有機農産物の定義とは?

私も実践する「有機農法」。そして、有機農産物とは、 具体的に、どのように定義されているものなのでしょうか? ■農林水産省が定める、有機農産物の定義とは? 1.種まき、植え付けの2年前以降に、禁止されて …

no image

ソラマメを栽培しています

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、 塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。 オヤツというより、時季にはほとんど主食です。 ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べ …

no image

ハクサイがヨトウムシにやられた|葉脈しか残っていない

私は、家庭菜園の1年目、8月末よりハクサイを育て始めました。 冬の鍋は大好物なので、ハクサイをつくりたいと、前々から思っていたんです。 でも、失敗です。全滅!と言っても過言ではありませんでした。 その …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。