初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地を知ると栽培のヒントになる

投稿日:

野菜の図鑑などを見てみると、「原産地」が書き込まれていると思いますが、
この原産地というのは、具体的にどういった土地であると原産とされるのでしょうか?

■原産地というのは、どういった土地のこと?

植物学的に考えると、原産地となるのは、その野菜の祖先となる、
種類の野菜が自生していた場所、地域となります。

例えば、ブロッコリーや、キャベツなどは地中海沿岸地域が原産です。
これは、ブロッコリー、キャベツの祖先である現在のケールに近い野生種が、
地中海沿岸地域に自生していたと考えることが出来ます。

その後、原産地とは違う場所で品種改良がされ、作出されたのが、
私たちの食卓でも一般的とされる、キャベツやブロッコリーです。

スポンサーリンク

現在の野菜は、非常に古くより改良されてきたものがほとんどのため、
原種となる元々の野生種というのは、あまり分かっていないのです。

しかし、旧ソ連のバビロフ氏という植物学者は、たくさんの植物の調査をし、
「作物の8大中心地」というのを提唱しました。

この提唱により、比較的、同じような場所を原産とする野菜が多い事が分かったのです。
やはり、野菜の育ちやすい場所であるというのは、絶対条件なのでしょうね。

現在、図鑑などに書かれている原産地というのは、その野菜が、
そこで作られたという意味ではなく、そこをルーツとする野菜ということになります。

長い年月をかけて品種改良の進んだ今、なかなか不明な野菜も多いですが、
原産地に由来した特性を持つ野菜も多く見られるので、
栽培のヒントにもなりそうですね

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で生ごみをリサイクル?|コンポスターで堆肥作り

自分の家庭菜園を持つと、明らかに生ごみの量が減ります。 自分の畑にて収穫したものは、食べられない部分は除去してから、 家に持ち帰ります。家に持ち帰った分は、全て食べれる部分なので、 余すことなく食べる …

no image

ゴールドラッシュを栽培しました

とうもろこしの品種、ゴールドラッシュを栽培しました。 種を購入し、肥料を多めに入れた畑にまきました。 とうもろこしは種の間に鳥に食べられてしまうことがあります。 2センチ程の深さに3粒ずつまき、間隔は …

no image

野菜と果物の違いはなんですか?

普段、特に考えることなく「野菜」や「果物」と食べていると思いますが、この野菜である、果物であるという定義は、どのようにされているのでしょうか? 農林水産省では、「野菜とは、食用に供し得る草本性の植物で …

no image

家庭菜園で健康生活をおくろう|野菜と健康の関係性

野菜は、健康に良いと呼ばれる食生活になくてはならないものです。具体的に、私たちの生活に野菜を取り入れると、どのような健康効果を得ることが出来るのでしょうか? 野菜には、ビタミンが多く含まれています。そ …

no image

初心者でも簡単!ハーブ栽培

家庭菜園を始めてみたいけど、何からしたら良いか分からない、 農家出身でもないので野菜作りに関しては全く知識が無い、 それでも自分で野菜を作りたいと考えている方は多いと思います。 初心者の野菜作りは二十 …

カテゴリー

最近のコメント