初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地を知ると栽培のヒントになる

投稿日:

野菜の図鑑などを見てみると、「原産地」が書き込まれていると思いますが、
この原産地というのは、具体的にどういった土地であると原産とされるのでしょうか?

■原産地というのは、どういった土地のこと?

植物学的に考えると、原産地となるのは、その野菜の祖先となる、
種類の野菜が自生していた場所、地域となります。

例えば、ブロッコリーや、キャベツなどは地中海沿岸地域が原産です。
これは、ブロッコリー、キャベツの祖先である現在のケールに近い野生種が、
地中海沿岸地域に自生していたと考えることが出来ます。

その後、原産地とは違う場所で品種改良がされ、作出されたのが、
私たちの食卓でも一般的とされる、キャベツやブロッコリーです。

スポンサーリンク

現在の野菜は、非常に古くより改良されてきたものがほとんどのため、
原種となる元々の野生種というのは、あまり分かっていないのです。

しかし、旧ソ連のバビロフ氏という植物学者は、たくさんの植物の調査をし、
「作物の8大中心地」というのを提唱しました。

この提唱により、比較的、同じような場所を原産とする野菜が多い事が分かったのです。
やはり、野菜の育ちやすい場所であるというのは、絶対条件なのでしょうね。

現在、図鑑などに書かれている原産地というのは、その野菜が、
そこで作られたという意味ではなく、そこをルーツとする野菜ということになります。

長い年月をかけて品種改良の進んだ今、なかなか不明な野菜も多いですが、
原産地に由来した特性を持つ野菜も多く見られるので、
栽培のヒントにもなりそうですね

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家庭菜園の楽しみ方|自分で育てた野菜が育っていくのに感動

家庭菜園の醍醐味は、やっぱり自分で育てた野菜が育っていく、 その過程を見ることができるところにあると思います。良く、畑を見ながら、 作業の合間に休憩をするのですが、本当に良いものです。 自分で耕した畑 …

no image

家庭菜園を作ってトマトを栽培しました

昨年の夏、人生初めて家庭菜園をしました。 まずは畑を耕すところから始めました。 わが家には庭がありましたが、土が硬すぎてそのままになっていました。 小さい耕運機で硬い土を耕し、まずは野菜の大事な土台作 …

no image

冬の家庭菜園はダイコンを育ててみよう

冬場、特に年末年始の野菜の高騰は毎年のことですが、 ここ近年は、その高騰ぶりも半端ではないような気がします。 我が家は、役場から借りた菜園で、野菜を育てていますが、 冬場に野菜を作っても、寒さで育ちが …

no image

野菜の原産地を知ることは野菜の特徴をより理解する手掛かりとなる

日本で栽培されている野菜は、日本の高温多湿な環境にも適するよう、品種改良が盛んに行われており、野菜の育てやすさというのは、年々上がってきていると言えます。 しかし、野菜が元々持ちあわせる生理や生態など …

no image

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか? ■コロンブスと野菜との意外な関係性 コロンブスが …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。