初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地を知ることは野菜の特徴をより理解する手掛かりとなる

投稿日:

日本で栽培されている野菜は、日本の高温多湿な環境にも適するよう、
品種改良が盛んに行われており、野菜の育てやすさというのは、年々上がってきていると言えます。

しかし、野菜が元々持ちあわせる生理や生態などは、原産地を由来とするため、
原産地の環境に近い条件を好む野菜というのは、非常に多いです。
そのため、バビロフの八大中心地などは栽培のヒントになると言えます。

本日は、そんな原産地の環境条件を主に、野菜の栽培のポイントについて、
紹介していきたいと思います。

■中央アジアを原産とする場合

大陸性である中央アジアは、比較的、標高の高い土地にあり、
1年を通して涼しく、乾燥した地域と言えます。

■地中海沿岸地域を原産とする場合

スポンサーリンク

温暖な地域であり、日光の光をふんだんに浴びています。
雨が少なく、日本では春野菜・秋野菜がこの地域原産となるものが多いです。

■インド・マレーシア中心地を原産とする場合

熱帯地域と言えるこの地域は、雨が多く、雨季と乾季に分かれるところもあり、
日本の暑い夏や、湿度の高さに対応する野菜が多くあります。

■中国を原産とする場合

大陸性熱帯気候であるこの地域は、昼と夜の温度差がとても激しく、
また、夏と冬との差も大きな地域です。

ヒマラヤ周辺を原産とするキュウリは、涼しい気候を好み、
日本の夏を非常に苦手とします。

■南アメリカを原産とする場合

標高が非常に高い土地ということで、昼と夜との温度差が激しく、
乾燥しがちです。そのため、ジャガイモは涼しくなった秋ごろの気候を好む傾向にあります。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でミミズが繁殖|土にとってよい影響があります

農薬・除草剤などは使用せず、有機肥料のみを使用すると、 土の中の腐葉をエサとする、ミミズがたくさん繁殖します。 『ミミズの糞』と言う肥料も出ているくらいで、ミミズは、 土にとって良い影響があります。腐 …

no image

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、 そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、 油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、 それぞれを使って、土作りを行います。 家庭菜園 …

no image

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた原産地を見ることが出来ます。 ■バビロフ氏による野菜の原産地 1.南アメリカジ …

no image

日本の野菜の食文化|大根は原産地は地中海だけど日本で広く普及した

日本は昔、「野菜を生で食べる」と言う習慣がありませんでした。これは、肥料として人糞や、人尿、未完熟堆肥などを利用してきたためです。 アメリカや、ヨーロッパは肉を中心として生活をしてきたため、早くより、 …

no image

農林水産省が定める、有機農産物の定義とは?

私も実践する「有機農法」。そして、有機農産物とは、 具体的に、どのように定義されているものなのでしょうか? ■農林水産省が定める、有機農産物の定義とは? 1.種まき、植え付けの2年前以降に、禁止されて …

カテゴリー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。