初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

投稿日:

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。
新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか?

■コロンブスと野菜との意外な関係性

コロンブスが新大陸である西インド諸島を発見したのは、1500年ほどです。
日本では戦国時代のはじまり頃となりますが、このコロンブスの新大陸発見は、
今、日本でさまざまな野菜を楽しめることと大きな関係があります。

その証拠に、西インド諸島発見より約10年間で、アメリカ大陸を原産とする、
さまざまな野菜が、ヨーロッパに渡来したことが分かっています。

例えば、トマト、ジャガイモ、ピーマン、トウモロコシなどがあります。
サツマイモ、カボチャ、トウガラシなども、その中に含まれ、私たちの食生活には、
欠かせない野菜ばかりです。

スポンサーリンク

こうしてアメリカより、ヨーロッパに渡ったさまざまな野菜たちは、
長い年月をかけて、私たちの国である日本はもちろん、世界各国に広まって行きました。

コロンブスと野菜との意外な関係性はこのようなところにあります。
コロンブスが西インド諸島を発見していなければ、野菜の改良などはもっと遅れており、
今、普通に楽しむことの出来る野菜が食べられなかったかも知れませんね。

野菜の歴史を辿ると、非常に興味深い話がいくつも出てきます。
コロンブスの新大陸発見はその1つにしか過ぎませんので、
興味のある方は、更に深い野菜の歴史について調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野菜の原産地を知ることは野菜の特徴をより理解する手掛かりとなる

日本で栽培されている野菜は、日本の高温多湿な環境にも適するよう、品種改良が盛んに行われており、野菜の育てやすさというのは、年々上がってきていると言えます。 しかし、野菜が元々持ちあわせる生理や生態など …

no image

ソラマメを栽培しています

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、 塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。 オヤツというより、時季にはほとんど主食です。 ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べ …

no image

ゴールドラッシュを栽培しました

とうもろこしの品種、ゴールドラッシュを栽培しました。 種を購入し、肥料を多めに入れた畑にまきました。 とうもろこしは種の間に鳥に食べられてしまうことがあります。 2センチ程の深さに3粒ずつまき、間隔は …

no image

家庭菜園で生ごみをリサイクル?|コンポスターで堆肥作り

自分の家庭菜園を持つと、明らかに生ごみの量が減ります。 自分の畑にて収穫したものは、食べられない部分は除去してから、 家に持ち帰ります。家に持ち帰った分は、全て食べれる部分なので、 余すことなく食べる …

no image

家庭菜園で採りたてのキュウリはすごくおいしい

家庭菜園で栽培した採りたてのきゅうりのおいしさは格別です。 野菜を育てない人には、決して分からない最高の味です。 言い過ぎかもしれませんがおいしいきゅうりを食べるために野菜作りをしているようなものです …

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。