初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園でじゃがいもを栽培しよう

投稿日:

私の母は農家出身なので、野菜の事に関していろいろ知っています。
もちろん栽培方法についてもです。
そんな母から様々な野菜の育成法を習った私がお勧めするのがジャガイモです。
プランターや鉢植えなんかではなかなか大きいいもはつくりにくいですが、
少し広めの庭があれば満足のいくじゃがいもがにできると思います。
お手軽な理由その一。ジャガイモならすぐに種が手に入ります。
まあ、種はジャガイモ自体ですけど。
ジャガイモを半分に切って土の中に埋めるだけでOK。ほんとお手軽です。
お手軽な理由その二。害虫駆除とかする必要無し。
これは結構大きいかと思います。都会で野菜を育ててもどこからか害虫が飛んできたりして、
野菜の葉っぱが穴だらけになったり、病気で葉の色が変わったりするのがよく見られます。
でもジャガイモの場合は種を土に埋めるだけだし、ジャガイモ自体は土の中にできますから、
害虫にやられることはほとんどありません、
っていうか少なくとも私は害虫の類にジャガイモがやられたことはありませんけど。
よって害虫駆除をする必要はありません。
だから農薬とかも使う必要無いので、お財布にも優しいし、健康面でも不安無し。
さて、ここまで書いたら私もジャガイモ育ててみたいと思った方も多いことでしょう。
でもここでひとつ注意点を。それは土について。
庭付き一戸建ての場合、その庭の土は
農作物を作るには適していないことが多いと思います。
ジャガイモは案外どんな土でも育ちますが、土が悪いとあんまり大きく育ってくれません。
ですから、ホームセンターなどで土と肥料を一緒に買って、
それを庭の土と取り替えて、ジャガイモを育てた方が良いと思います。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ピーマンを家庭菜園で育てて食育に

家庭菜園で人気の野菜といえば、トマトが思い浮かびます。 子どもも大好きで、赤い実が可愛くて、料理に彩りも添えてくれて、 まさに食育にもお料理にもピッタリです。 ですが、雨で実が割れてしまったり、病気に …

no image

ベビーリーフを水耕栽培で育ててみました

きっかけは、出勤前に見た朝の情報番組でした。 お部屋で野菜を育てて、それをちぎってそのまま食べられる! というのがウリで、そのためのグッズを紹介していたのです。 私、虫が大嫌いなので植木鉢とかは苦手な …

no image

家庭菜園でミミズが繁殖|土にとってよい影響があります

農薬・除草剤などは使用せず、有機肥料のみを使用すると、 土の中の腐葉をエサとする、ミミズがたくさん繁殖します。 『ミミズの糞』と言う肥料も出ているくらいで、ミミズは、 土にとって良い影響があります。腐 …

no image

家庭菜園で野菜の花の綺麗さに驚き

もともと、都会育ちの私は、あまり、野菜のなっている畑、 木に果物のついた光景を見たことがありませんでした。ですから、 家庭菜園は、新たな発見の連続、今でこそビックリしませんが、 最初は木にリンゴがなる …

no image

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた原産地を見ることが出来ます。 ■バビロフ氏による野菜の原産地 1.南アメリカジ …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。