初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キッチン菜園 ベランダ菜園 家庭菜園栽培の基本

家庭菜園を簡単に始める方法|キッチン菜園やベランダガーデンでも楽しめる

投稿日:

家庭菜園は、広いスペースが必要だと考えている人が多く、
畑を持っていない人や、広い庭のないという人などは、うちでは
育てることが出来ないと諦めてしまう人も多いです。

しかし、実際のところは都心のマンションであっても十分に、
家庭菜園を楽しむことが出来るのです。

例えばキッチン栽培です。キッチンの出窓のあたりに植木鉢を使って
ハーブを育てる、野菜のヘタを使って水栽培をする、ネギなどの根っこを
土にさして栽培するなど…これも家庭菜園の1つです。

確かに畑などの栽培と比べて収穫量は劣るかも知れませんが、
十分に家庭菜園を楽しみ、収穫した野菜を食卓に並べることが
出来るようになります。

また、最近ではスプラウトも流行しています。
スプラウトとは植物の新芽のことで、キッチンペーパーなどを水に入れ、
容器に入れるだけで栽培完了は整います。

後は種をまいて発芽させるだけです。あっという間に収穫が出来、
栄養価も高いので、小さなお子様にもピッタリです。

大豆・アルファルファ・ダイコン・カイワレ・ブロッコリーなど、
新芽(スプラウト)を楽しむことの出来る野菜もたくさんあります。

最近では太陽の光が届きにくい屋内でも
栽培できる商品も出てきています
LED家庭菜園キット【キッチンガーデン/Kitchen Garden】【eモンズ】

スポンサーリンク

⇒屋内で家庭菜園の詳細

■野菜を自宅で作ることは節約につながるのか?

野菜の根っこやヘタなどを再生する場合であれば、コストは、
それほどかかりませんが、本格的な栽培をするとなると、コストも
それなりにかかることになります。

種や苗の準備、プランター・土・肥料・ハサミやジョウロなどの道具など、
はじめは特にコストがかかりますので、節約につながるかと言えば、
最初の内は、節約にならないというのが本音です。

また初心者の内は思わぬ所で作物をダメにしてしまう事もあります。
思い通りに収穫出来ないこともありますので、元手以上の収穫を、
行えることばかりではないというのを理解しておきましょう。

但し、家庭菜園は年々コストがかからなくなるものでもあります。
道具は1度購入すれば長く使えるものも多いですし、自分で土を
ブレンド出来れば、土を繰り返し使うことも出来るようになります。

季節を肌で感じることが出来、植物に触れ合うことも出来る。
スーパーなどでは決して味わうことの出来ない、収穫直後の野菜の
旨味を知ることが出来るなどのメリットは得ることが出来ます。

コストがかかる・かからないというのは抜きにしても、家庭菜園は、きっと
とても良い物だと言えますので、是非はじめてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク

-キッチン菜園, ベランダ菜園, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野菜つくり

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。 広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは 狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。 スポンサーリンク …

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

no image

家庭菜園の野菜を間引きして大きく育てる

家庭菜園で種まきから育てた野菜は生育段階で何回か間引きしながら育てます はじめのうちはどの株を間引きしたらいいのかわかりにくいかもしれませんが難しく考えるころはありません スポンサーリンク 野菜をよく …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。