初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キッチン菜園 ベランダ菜園

コンテナ栽培のメリットとデメリット|狭いスペースで楽しめる家庭菜園

投稿日:

コンテナ栽培という言葉を良く耳にすると思いますが、
コンテナ栽培というのは、鉢やプランターなどの容器を使った栽培方法のことで、
畑を利用せずに野菜を育てる方法です。

家庭菜園を作ることのできないお宅でも、ベランダを使った家庭菜園や、
庭の片隅での家庭菜園を楽しむことができるので、
マッションやアパートにお住まいの方にも人気が高いです。

コンテナであれば、持ち運びすることもできますので、
菜園ガーデンを作るのにも向いており、さまざまなメリットがあります。

しかし、野菜というのは本来、畑で育てるのが理想です。
そのため、デメリットがあることも忘れてはいけません。

そのデメリットの1つは、根の伸び方にあります。
畑での栽培では、肥料や水分、酸素を求めて、根っこが自由に伸び出しますが、
コンテナ栽培の場合は、その範囲が非常に狭いため、その中で伸びることしかできません。

スポンサーリンク

また、土壌に関しても与えることのできる肥料分が減りますし、
酸素や水分についても、畑と比べて大きく異なります。

野菜にとって大きく根を伸ばすことは、重要なことです。
肥料を吸収すること、水分を吸収すること、それらを茎葉に供給すること、
酸素を取り入れることなど、さまざまな役目を担っているからです。

コンテナ栽培では、詰まった根同士が酸素を奪い合うこともあり、
酸欠になることもあるという事は覚えておきましょう。

しかし、正しい土・正しい環境で育てられれば、コンテナ栽培でも、
さまざまな野菜を育て、収穫することができます。

畑での栽培と比較して、注意しなければならない点は多々ありますが、
メリットも大きいと言えますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-キッチン菜園, ベランダ菜園
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ベランダでブロッコリーを栽培する

この冬はベランダでブロッコリーを栽培しています。 「ハートランド」という苗を 9月にネットで購入して植えしました。 ハートランドは真ん中のブロッコリー以外にも脇芽からも どんどんブロッコリーができる品 …

野菜つくり

プランター、鉢植えの水やりの注意点|量はたっぷり、回数は少なく

■鉢受け皿に水が溜まらないようにする 鉢を使って家庭菜園をやられている方も多いと思いますが、 鉢受け皿に水がたっぷり溜まらないように水やりには注意しなくては いけません。 スポンサーリンク 何故かと言 …

no image

キッチン菜園で育てやすい野菜|バジル、ミントなどのハーブがおすすめ

キッチン菜園は、アパートやマンションなど広い家庭菜園のスペースが取れないという方にも行える家庭菜園の方法で、今、流行しているガーデニングの1つです。 今日はキッチンで栽培出来る野菜・ハーブについていく …

no image

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、詳しく説明させて頂きたいと思います。 プランター栽 …

no image

プランター栽培に必要な培養土|簡単!家庭菜園

プランター栽培をする場合の容器の基本は、底に排水できる穴があること、一定量の培養土を入れることができるものとなります。 そのため、肥料の入っていたポリ袋を利用したプランター栽培や、発泡スチロール製の箱 …

カテゴリー

最近のコメント