初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の広さの目安|初心者なら1坪ほどの菜園スペースで十分

投稿日:

家庭菜園は、そんなに広いスペースは必要ありません。
中には、自宅で出来る範囲をもっと広くしたい、もっと色々な種類の野菜を
育てたい、という人も居ますが、広過ぎは禁物です。

お手入れするのに労力が要りますし、広くなればなるほど、
1つ1つの作物への管理がおざなりになります。

また、収穫も広ければ広いほど多くなってしまいますので、
食べきれないほどになってしまった場合も、困ってしまいますね。

菜園を考えるのであれば、管理する人数、作業時間はどれくらいなのか、
野菜作りがはじめてなのか、作ってみたい野菜は何かなど、
細かいところから、菜園作りを始めてみましょう。

■今から家庭菜園を始めようと考えている方へ

スポンサーリンク

初心者の方であれば、1坪ほどの菜園スペースで充分です。
家族で家庭菜園をする場合や、人数の多い場合は、2坪?3坪くらいが良いです。

ある程度の広さを確保したいという場合には、市民農園や、
農業体験型の家庭菜園などもやってみると良いと思います。

農家の方より直接アドバイスをもらいながら野菜作りが出来るので、
失敗しにくく、野菜作りを覚えやすい環境だと言えます。

■庭がなく、キッチンやベランダでの家庭菜園を始めようと考えている方へ

今は、さまざまな野菜の品種改良によって、ベランダ栽培や、
コンテナ栽培の出来る野菜が増えています。

キッチンなどで簡単に育てることが出来るものまでありますので、
広いスペースを確保しなくても、充分に家庭菜園を楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。 ■育苗後の苗・市販されている苗の選び方 ・茎が丈夫に育っていて、しっ …

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

no image

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

一般的に農業や園芸の分野では、食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を野菜と呼びます イチゴ、メロン、スイカも草木性のため野菜として扱われます 日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱ってい …

カテゴリー

最近のコメント