初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

種まき

種の発芽に必要な条件|家庭菜園の種まき

投稿日:

野菜を育てる上で、「発芽」という言葉を良く耳にすると思いますが、
発芽というのは、どういう事を言うのか、正しく知っている人は少ないと思います。

まず、発芽についてですが、多くの人はただ芽が出ることと解釈しますが、
具体的には、休眠期だった種が起きて生長を開始し、種子を破って、
根を出したことを、発芽と言います。

■種が発芽するのに重要となるポイント

種は発芽するのに、それぞれ条件があります。
特に重要なのは、温度、水、酸素の3つであり、その後、光などが続きます。

・発芽に適した温度とは?

発芽に適した温度は、野菜によって、品種によって違います。
レタスなどの低温性野菜は18度?20度となりますが、高温性野菜である
トマトなどは、25?28度の温度が必要です。

スポンサーリンク

種まきの時は、野菜の発芽適温と、その時の昼間の温度を考え、
適期となる時期に、種まきを行えるように調整しましょう。

・水分と酸素が必要となるのは何故か?

種を休眠期より起こすのに重要となるのが、水分と酸素です。
乾燥すると、発芽率が悪くなったり、時期が遅くなる傾向にあるため、
種まき後は、充分に水やりを行うようにします。

また、適度な酸素が必要となるので、水分量が多すぎるのは逆効果です。
野菜も呼吸をして生長しますから、水分で呼吸ができなくならないよう、
注意しましょう。

・光と発芽の関係性

絶対に発芽には光が必要というわけではありません。
好光性種子と、嫌光性種子の2つがあり、好光性種子である場合は、
日光が必要となります。

種袋のウラ面には、詳しい説明が記載されていますので、
種購入後は、ひと通り、説明を読んだ上で栽培をはじめましょう。

スポンサーリンク

-種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます 小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますがすじまきでもかまいません 大カブはまき溝をせま …

野菜つくり

覆土の厚さとやり方|種によって上手に土のかぶせ方を変えてあげましょう

種まき後は、土を被せて作業を終了することになりますが、 この時の土の被せる厚さは、種の直径に合わせて変化させるのが一般的です。 スポンサーリンク 目安は、種の直径×3倍の厚さとなりますので、種が大きけ …

no image

良い種の選び方|種袋の見方3つのポイント

ホームセンターやコンビニなどでも手軽に手に入れることが出来る種の袋ですが、裏側には様々な情報が掲載されています。 その中でも今日は3つのポイントに絞って、紹介したいと思います。 ・耐病性家庭菜園が初心 …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

no image

カブの間引き|株間は品種によって調整する

カブの1回目の間引き時期は子葉が開ききったころです 密になっている部分や発芽の遅れて小さいカブ、ひょろひょろっと伸びているものなどを間引いて株間を揃えますこのときの株間は1?2cm程度でよいでしょう …

カテゴリー

最近のコメント