初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土寄せ・中耕

家庭菜園の土寄せのもう一つの目的|雑草が生えない、大きくならない

投稿日:

土寄せは、株元に土を寄せ上げる作業です。
また、寄せ上げることは同時に、通路や畝の表面、株間の土を、
柔らかくすることにも繋がります。

軽く土寄せを行うと、小さな雑草を土の中に埋めてしまえるので、
雑草防止として、役立ちます。

このようにして土寄せを行うと、雑草が生えない、大きくならない、
とても綺麗な土地に変化していくはずです。

■家庭菜園に雑草が良くないのは、なぜなのか?

雑草は、除草することが基本とされていますが、野菜にどのような影響があり
なぜ、除草作業を行わなければならないのでしょうか?

その理由はいくつかありますが、まずはじめは、
畑にある肥料や水分が、雑草に取られてしまうことが挙げられます。

スポンサーリンク

また、雑草は野菜よりも生長が早い草花でありますので、
雑草が日陰のもとになったり、野菜の生長を阻害することがあります。

病害虫に関しても、雑草があることで住みやすい環境をつくるため、
野菜にとって雑草は、良くないものとされています。

小さなうちの除草作業はそれほど大変なものではありませんので、
見つけ次第抜き取るということを基本とし、土作りを進めてみてください。

■土寄せの時に、一緒に行いたい作業について

土寄せの時は、一緒に摘心を行うと良いでしょう。
摘心とは、先端の芽を切り取る作業のことです。

野菜によっては不要なものもありますが、トマトやキュウリなどを育てるときには、
この摘心を一緒に行い、草丈を揃え、脇芽を伸ばすようにしましょう。

スポンサーリンク

-土寄せ・中耕
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園での土寄せの効果|いろいろなやり方で用途が異なる

「土寄せ」とは、生長に合わせて株に土を寄せて集めることです。 土寄せは、さまざまな野菜を育てる過程で行われる作業の1つですが、 その用途は、それぞれ違います。 スポンサーリンク

no image

大根の間引き・土寄せ|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの葉が5?6センチに伸びたら1回目の間引きをしますまず1本を間引きして残った大根に土を寄せて安定させます 間引くダイコンの選び方は 虫食いのあるもの葉に変色のあるものひょろっと伸びているもの葉 …

no image

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥最後の間引きが終わったら、株間または条間に化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねてうねの …

no image

家庭菜園の中耕と夏の雑草対策|野菜の生育に対しての効果は絶大

夏の雑草対策は草が伸びてからでは作業も大変になってしまいます草が大きくなってからではタイミングが遅いのです  草取りの道具は鋤簾を使います鋤簾で土の表面をひっかくようにしてけずり草かきをします雑草は根 …

no image

土寄せと追肥の注意点|根を傷めないように

土寄せは、さまざまな効果のある大切な作業だと言えますが、根を切らないように土を寄せることは、慎重に行わなければなりません。 通路の土や、畝の表面の土を軽く耕す時に、根っこを切ってしまうと、野菜の生長に …

カテゴリー

最近のコメント