初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

水のやり方|家庭菜園の水やりのポイント1

投稿日:

phm15_0857-s.jpg
野菜作りを始める前に、多少の知識はなければ、
折角、野菜を育てても収穫する前に枯らしてしまいます。

そうならないためにも、家庭菜園の初心者の方は、
下記を良く読み、水やりの方法は覚えておいてください。

野菜作りをはじめて行う場合には、やっぱり、
目標は自分で作った野菜を収穫し、食卓に並べることでしょうか?
美味しい野菜をつくるためには、水やりはとても大切です。

しかし、ただ水を闇雲に与えてしまえば、根が酸素不足となり、
根が腐ってしまうこともあります。土の中というのは、
あなたが思っているよりも、雨水などの影響で水分量があるものなんです。

スポンサーリンク

適度な水分量が大切となりますので、苗を植えた後、
株が定植すれば、それほど水やりを頻繁にする必要はありません。

勿論、植えたばかりの時は、水やりをしっかりする必要がありますが、
その後の状態をみて落ち着いていれば、適量で十分です。

ただ、種を植えたばかりの場合には、水をあげたことで
種が流れてしまうケースもありますし、小さな苗の時には、
水やりがダメージとなることもあります。

種も苗も、最初は特に水圧に弱いですから、ホースなどで、
水やりをしないように注意をしましょう。また、ジョウロの向きも、
上向きにするなどの工夫が必要です。

家庭菜園をはじめれば、自宅で美味しい野菜が収穫でき、
季節の野菜もたっぷり摂取することが出来るようになりますので、
健康的です。是非、チャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の味は水のやり方で変わる|時期や種類によって水の与え方を変える

収穫した野菜の味は、水の上げ方で変わる 家庭菜園をやられている方でも、うっかり水やりを忘れてしまい、枯らしてしまった経験や、逆に、水をやりすぎてしまって根腐れしてしまったという経験をしたことがある人も …

no image

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。 中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、根は生長しにく …

no image

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。 ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、 この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。 特に、 …

no image

水のやり方|家庭菜園の水やりのポイント2

家庭菜園をはじめると、それなり道具も必要となります。その中でも、水をあげるのに必要なジョウロは、色々と使い方があり、マスターしておくべき道具です。 初心者の方は、まず水やりのやり方を覚えるのがベストで …

no image

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。 野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、 …

カテゴリー

最近のコメント