初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

水のやり方|家庭菜園の水やりのポイント2

投稿日:

phm15_0859-s.jpg

家庭菜園をはじめると、それなり道具も必要となります。
その中でも、水をあげるのに必要なジョウロは、色々と使い方があり、
マスターしておくべき道具です。

初心者の方は、まず水やりのやり方を覚えるのがベストです。
ジョウロの使い方を知ること、水やりの間隔やあげる水の量、あげる場所
を知るのは、美味しい野菜を自宅でつくる上で非常に大切です。

ジョウロの口の部分は、ハス口と呼ばれていますが、
ジョウロを購入する際には、このハス口に大小あるので注意をしましょう。

水やりに特に注意したいのは、種から植える場合の発芽までの期間です。
この期間はたっぷりと水分が必要ですので、水を切らさないように、
注意しましょう。

葉や根っこが大きく成長した後も大量に水をあげます。
葉が大きい野菜などの場合、上から水をあげれば、葉が邪魔をし、
根元に水がかかりにくくなってしまいます。

葉を持ち上げて水をあげるなど、工夫をして、
根元にもしっかり水分が行き渡るようにしてください。

スポンサーリンク

家庭菜園をはじめたばかりの人は、勘違いしやすいですが、
水やりというのは、毎日必要なものかと言うと、
実はそうでもありません。

実は株元にある土が白っぽくなってきたら、
水をあげるサインとなります。水やりは、回数はなるべく少なくし、
その分、1回の量を多くしてあげると良いでしょう。

ホースは、水をたっぷりあげるという点では使い勝手がいいですが、
勢い良く水をあげてしまうのは、苗などに大きなダメージを与えます。
ジェットなどホースは使わないようにし、ジョウロであげるのが基本です。

夏場の暑い時期には、朝夕の涼しい時に水をあげること、
冬場の寒い時期には、暖かい日中に水をあげることなど、
季節によって、水のあげ方を工夫してあげましょう。

夏場の日中には、暑さから土がすぐ乾いてしまいますが、
高温の日中に水をあげてしまうと、根っこにかかった水も高温となり、
根が焼けてしまうこともあるんです。

土の中は、蒸し風呂の状態になっていますので、
夏場の日中の水やりには、注意してくださいね。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

水のやり方|家庭菜園の水やりのポイント1

野菜作りを始める前に、多少の知識はなければ、折角、野菜を育てても収穫する前に枯らしてしまいます。 そうならないためにも、家庭菜園の初心者の方は、下記を良く読み、水やりの方法は覚えておいてください。 野 …

no image

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。 野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、 …

no image

夏場の水やりの注意点|暑いときにはいきなり水をやらない

最近の日本は本当に暑いです。炎天下の続く毎日であれば、鉢土もすぐにカラカラになってしまいます。 夏場は朝夕2回の水やりが必要なこともあり、お手入れが大変だと、感じている人も多いのではないでしょうか? …

野菜つくり

水やりのタイミング、回数、量|基本は土が乾いたときにたっぷり

水やりは基本的に「土が乾いた時にたっぷり」というのが基本です。 良く春は1日に1回、夏場は朝夕2回などの表記もされていますが、 上記の基本は絶対に覚えておくと良いでしょう。 スポンサーリンク 関連

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

カテゴリー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。