初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

じょうろの使い方やハス口の大きさを知る|家庭菜園の水のやり方

投稿日:

基本的なことではありますが、ジョウロの使い方や、
水が出るハス口の大きさを知ること、選び方を知ることは、
家庭菜園をやる上で、絶対に覚えておくべき事項です。

種まきをしたら、発芽するまで、水分を切らさないようにし、
葉っぱや根っこが成長して大きくなったら、その分、
水を多めにあげることが大切です。

大きい葉っぱにもなると、水を弾くこともあり、
根元まできちんと水が行かないこともありますので、
葉っぱを持ち上げて、株元に水をあげるのも忘れないようにしましょう。

また、水やりにはタイミングも非常に
重要だと言われています。
根元にあげることだけではなく、タイミングも考えて水やりをしていきましょう。

スポンサーリンク

水やりというと、毎日行う手入れの1つと思いますが、
根元の土が乾燥し、白くなってきた頃が水のあげ時です。
水やりの回数は、少なくし土を湿らせるため1回の量を増やすのがポイントです。

ホースなどで水をあげると、水圧が強すぎてしまい、
苗を傷めることになってしまいますから、ジョウロを使うのが基本です。
冬であれば、なるべく暖かい日中に水やりするのが良いですね。

夏の期間であれば、暑くない朝や夕方の涼しい時間が好ましいです。
高温時は、根にかかる水も熱くなってしまうため、土の中が
まるで蒸し風呂の状態になっています。

乾燥しているからといって、暑い気温のうちに水を与えると、
根が焼けてしまう原因になります。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野菜の味は水のやり方で変わる|時期や種類によって水の与え方を変える

収穫した野菜の味は、水の上げ方で変わる 家庭菜園をやられている方でも、うっかり水やりを忘れてしまい、枯らしてしまった経験や、逆に、水をやりすぎてしまって根腐れしてしまったという経験をしたことがある人も …

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

no image

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。 野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、 …

no image

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は朝早くと夕方の2回です 朝のうちにあたえた水が蒸発してう …

no image

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。 中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、根は生長しにく …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。