初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ピーマンの育て方 肥料・堆肥

ピーマンの追肥|収穫がはじまったら2週間に1度くらい

投稿日:

ピーマンの収穫がはじまったら2週間-3週間に一度
1平方メートルあたり30gの化成肥料を追肥としてあたえます。

追肥をしたら軽く土寄せして水やりもしてください。

ピーマンの根は比較的浅い所に張っていくので
乾燥の影響を受けやすい野菜です。

梅雨があけて晴天が続いて、地面が乾くようなら
水やりもこまめにしましょう。

高温性で高い気温の必要となるピーマンも、充分に生長した段階は、
低温に対してもある程度の抵抗力がありますから、10月終わり頃までは、
収穫を楽しむことができます。

⇒ピーマンの栽培特性

⇒ピーマンの種まき・育苗

スポンサーリンク

⇒ピーマンの土つくり・畑の準備

⇒ピーマンの定植

⇒ピーマンの芽かき

⇒ピーマンの支柱立て・整枝

⇒ピーマンの収穫

⇒ピーマンの追肥

⇒ピーマンの害虫オオタバコガ

 

スポンサーリンク

-ピーマンの育て方, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …

野菜つくり

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。 この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい 果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。 スポンサーリンク しっか …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

no image

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、材料とする堆肥もあります。 それを植物質堆肥といいます。家畜糞と比べて、肥料 …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク 関連

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。