初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

石灰肥料

石灰資材が必要な好カルシウム植物|カルシウムは植物の必須元素

投稿日:

野菜が育つために必要な元素を「必須元素」といいます。
この中には、窒素やリン酸、カリなどの他にカルシウムや、マグネシウム、
亜鉛などの元素も含まれます。

その必須元素の1つカルシウムは、野菜の細胞組織を健康に育て、
野菜そのものの姿を維持するのに不可欠です。

また、光の吸収や、酸素のはたらきのサポート、水分量の調節など、
さまざまなところで活躍します。

このようにカルシウムは野菜にとって、とても重要な必須元素です。
カルシウムを取り入れるためにも、炭酸カルシウムや、消石灰、
苦土石灰などを土に施しておくことが大切です。

必須元素というのは、全ての野菜において必要なものと言えますが、
カルシウムを特に必要とし、好む野菜のことを「好カルシウム植物」と言います。
身近なものでは、キャベツやトマトなどがその代表例です。

カルシウムが不足すると、キャベツは結球することができませんし、
トマトの場合は、尻腐れ病の発生を起こします。

スポンサーリンク

好カルシウム植物を育てる場合は、特に石灰資材に注目して、
育てるように心掛けておきましょう。

通常、窒素などの肥料分は、不足しても養分を移動させることで再利用ができます。
しかし、カルシウムの場合は再利用をするはたらきがありませんので、
上のほうまで、しっかりと行き渡らせることが必要になってきます。

カルシウムの過剰症は発生しにくいと言えますので、
カルシウムに関しては、欠乏症に注意するように、土作りを行なって行きましょう。



スポンサーリンク

-石灰肥料
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

野菜つくり

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 消石灰 5kg この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させてい …

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

no image

石灰資材の種類|育てる野菜や土の状況によって使い分けよう

石灰資材といっても、さまざまな種類があります。苦土石灰、炭カル、消石灰などが一般的ですが、この他に生石灰や、貝化石粉末、カキ殻などもあります。 ■生石灰とは?生石灰は、石灰岩を焼いて粉末にしたものです …

カテゴリー

最近のコメント