初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

窒素肥料 肥料・堆肥

窒素肥料とは|肥料の三大栄養素(N)の効果

投稿日:

窒素 肥料

窒素の必要性

生物の生命力は細胞の原形質にあって、原形質の約半分は窒素化合物です。
原形質の主成分はたんぱく質であり、たんぱく質は生命現象に重要な役割を果たす化合物です。
窒素はたんぱく質の構成文でたんぱく質に約16%含まれています。

このほかに窒素は、光合成に必要な葉緑素、生理作用を促進する酵素、
ホルモン、核酸などの有機成分にも含まれ、植物の中で重要な役割をしています。

野菜が吸収できる窒素はおもにアンモニア態窒素と硝酸態窒素(無機化窒素)です。
しかし土の中の無機化窒素だけにたよると、窒素が不足するため、
野菜の生育が衰え、生育途中で葉が黄色くなって、生育がわるくなってしまいます。

窒素肥料の種類

窒素肥料としては野菜の吸収しやすいアンモニア態窒素、
または硝酸態窒素をふくんでいる化合物や
尿素や石灰窒素などのように土壌中で分解して
アンモニア態や硝酸態の窒素に変化できる物質があります。

窒素肥料はアンモニアを基本物質として作られるものが多く、硫酸アンモニウム(硫安)、塩化アンモニウム(塩安)、リン酸アンモニウム(リン安)などがあります。

またアンモニアを酸化して硝酸を作りそれに
塩基を化合させた硝酸カルシウムなどがあります。

スポンサーリンク

尿素はアンモニアと二酸化炭素から合成され、窒素肥料の主流となっています。
緩効性窒素肥料は尿素とアルデヒドを縮合して作られます。

窒素肥料(N)は野菜に与える場合、窒素単独で使うよりも、
リン酸肥料(P),カリ肥料(K)と混合して使われることが多いです。

土壌中の窒素の動き

土壌中の窒素含量は0.1-0.5%くらいです。
しかし窒素の大部分は腐食や微生物などに有機態窒素として
存在するためそのままでは野菜に吸収されません。

野菜が吸収しやすい窒素の形態は、アンモニア態窒素と硝酸態窒素です
土の中の有機態窒素は、土壌中の微生物によって無機化され、
アンモニア態窒素に変わります。(アンモニア化成)

つぎにアンモニア態窒素が土壌中で硝酸態窒素に変化します。(硝酸化成)
硝酸化成の主役となる硝酸化成菌は
土の中の酸素濃度や有機物の含有量の影響を受けます。

無機化質素の一部は微生物の菌態合成に再び使われ有機態窒素に変わります。

窒素の一部は
溶脱(雨水やかんがい水に窒素が溶けて下層に流れること)
脱窒(空気中に窒素が拡散すること)
流亡(風食、水食などの土壌侵食によって窒素が表土とともに流れ出ること)
によって失われます。

与えた肥料も土壌中の窒素循環に組み込まれます。

⇒リン酸肥料について

⇒カリ肥料について

スポンサーリンク

-窒素肥料, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

no image

ポイント5 肥料のやりすぎに注意する|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園の野菜は肥料(窒素N)が多いと病害虫の被害を受けるリスクが高まります 肥料は適正に与えれば大丈夫ですが、野菜作りをはじめたばかりで、肥料の与える量が分からない場合は肥料は控えめにと考えていたほ …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

野菜にも人間にも必要なマグネシウム(苦土)|肥料で補う二次要素

植物、動物ともに、マグネシウム(Mg)は生命と繁殖のために必要です平均的な成人は約25gのマグネシウムをもっています 体の中のマグネシウムの役割の多くはまだ十分に解明されていませんが多くの酵素を適正に …

カテゴリー

最近のコメント